Bonne journée, Photo

Winter day

201802-411

梅の香りにハッとする事も多くなって、それなら写真でも撮りに出かけようと歩いてみたが、果たしてすっかり冬のままなのであった。先週の半ば、弾けとんだホチキスの針のように早朝の微かなピンク色の雲に引っかかっていた細月も、空っぽのプールのむき出しのブルーに貼り付いた乾き切った落ち葉も、まだ冬であることを暗に示す。

毎日が慌ただしいのだから、時にはブログも休んだって良さそうなものだが、春の写真が撮れなければ冬らしい写真が撮りたくなるわけで、今週のポストが今ひとつ半端な内容なのは、そんなつまらない理由からである。

 

Advertisements
Photo, photo challenge

Weekly Photo Challenge: Sweet

201802-401

Perhaps when we are not aware of happiness, we are surely spending a sweet time.

In response to the weekly photo challenge, Sweet by The Daily Post.

A picture below was taken last year at a park close to my house. You may need my explanation if you don’t understand Japanese letters. A white flag over there is proposing Japanese sweets, spring blossoms have a strong connection with in terms of traditional culture of civilization.

201802-402

Bonne journée, Cross Cultural

in-flight meals

201802-311

実はANAの機内食にがっかりしている。ネガティヴなことはここには書かないことにしているのだが、どうにも適切な表現が見つからない。批判したい訳ではまったくない。

機内食など食べられれば良いという指摘もあろうかと思う。あの制約の中で暖かいものが出てくるだけラッキーで、味などはなから期待してもいないし、安く移動できればそれで良いと同僚は言う。美味しくなりましたと宣伝する航空会社に対して、にべもない。先のANAは、そうやって一所懸命美味しい機内食を提供している航空会社のひとつである。
先日もウェブを眺めていて、ANAの機内食の記事に行きあたった。その記事のとおり、エコノミークラスでもこれだけ楽しめれば嬉しいと頭の中の理性的な優等生がささやくが、一方で本音がこうも言う。あまり食べたくないな。

9時間を超える長距離便は、どうしても食事をせざるを得ない。飲み物だけで過ごすには少々遠い。だから、フライト直前に何かを食べることにしている。機内食に食欲がわかなくても、少し胃に入ってさえいれば好きなものだけを食べれば良い。このところのフライトでは、機内食を食べたり食べなかったりである。正直、特段美味しいわけでもない機内食だから、フライト前に少しでも食べておいて、機内食は食べたいものだけを選んで食べるようにしているのである。先日利用したアシアナ航空(上の写真)は僅か2時間のフライトに少なめながら暖かい食事が供されて驚いたが、フライト前に軽く食べていたので、結果的にちょうど良い食事ができた。

さて、機内食が美味しくないと感じるのは気圧のせいだという指摘もある。だが、ANAの場合は、個人的には食事の内容が合わないからだと感じている。くだんの記事では海の幸丼かカレーが選べるとある。前回の長距離では、シーフードドリアだったかとカレーだったと記憶している。まるでコンビニ弁当である。その上、喉の奥にスパイスの風味が残るカレーを10時間も拘束されるフライトの最初に食べたくはない。結局、サラダのような冷たいものを食べて終わりである。ひょっとして、会議室で試食してOKを出しているのではないかとため息をついたりする。

201802-312そんな機内食がだめだと言っている訳ではない。ネガティヴに見えてしまうが、それは私の文章を書く能力が足りないだけだ。嫌いなものを避けても少しは食べられるバリエーションもあるし、見た目も悪くない。塩と胡椒の省略に日々の工夫を感じるし、多くの人が無難に食べられるであろう味付けにもなっている。塩気とアミノ酸が少々強すぎるコンビニの味を感じるのは、その工夫の結果なのだろう。だが、そんな味を食べたくはない。

デザートも然りである。ANAのエコノミークラスでは、食事の後にハーゲンダッツのミニカップが供される。多くの人にとって嬉しいデザートである。でも、これがまた時に食べたくない代物となる。困って受け取らないこともしばしばだ。出てくるアイスクリームは、例外なくコンクリートのように固まっている。プラスチックのスプーンでは到底歯が立たない。美味しく食べたかったら30分ほど待ったほうが良い。ところが、食べやすくなった頃にはコーヒーはない。結局、片付けで忙しくしている客室乗務員にコーヒーを頼むことになる。なんだか、ゆっくりとできないのである。コーヒーなど飲まなければ良いのだろうが、後に残るミルクの甘みがどうしても好きになれないし、まわりを見ればとっくに食事は終わっている。結局は、アイスクリームを断ってしまうのが一番簡単ということになる。

まぁ、ビジネスクラスにすれば良いのだろう。食べたい時に食事が出来るし、少しは味も良い。もっとも、ビジネスクラスではゆったりとしたシートでほとんど寝ている訳で、あまり食事を楽しみにする理由はない。何年か前のパリから東京への帰りでは、よほど疲れていたのか飛びたって程なく眠りにつき、気がついた時にはもはや日本海が目の前だったくらいである。とは言え、そもそもビジネスクラスの料金をプライベートで払えるほど金銭的な余裕はない。コストにシビアな仕事でもなかなか使えるものでもない。どの辺りが「ビジネス」なのかと愚痴も言いたくなる。

食べ残した機内食もアイスクリームももったいない。事前予約制にならないかなと思う。それってLCCか。でもシートピッチは譲れない。

 

 

 

Photo, photo challenge

Weekly Photo Challenge: Tour Guide

201802-301

As I wrote before, Yokohama has a sister city relationship with some port cities like Vancouver. In my understanding, the first city was San Diego and there were two reasons. One was for partnership of trading and the other was for mutual understanding after the WWII.
This week I have no time to go out for taking pictures and it will be rainy tomorrow. So, I have chosen some from my stock.

In response to the weekly photo challengeTour Guide by The Daily Post.

201802-302