Books, Photo

A Book: The Things They Carried

201706-411English Text at Bottom.

単語を並べたところで何かを伝えたり表現したりすることはできない。詳しく伝えるためには表現を尽くさなければならない。新しい事ができそうでいつも何かを探し続けていた学生の頃、そう友人に議論を吹っけたら、翌週に彼は見事な単語の羅列を持ってきた。それがどんなものだったか詳細には憶えていないが、少なくともそれはびっしりと書かれた欲しいもののリストで、彼の思いを的確に表しているように思われた。それを遠くから見ていた後輩は、いつも多くを語らず、ただ淡々と詩を書いているようなところがあった。そしてその鉛筆の先から現れた文字は、誰も見た事がない映像となってノートから零れ落ちた。欲しい物のリストで自由さを見せつけた彼が今何をしているのか分からないが、詩を書いていた彼女は立派に詩人となっている。表現とは本来自由なものなのだろう。

もう随分前に読んだものだが、最近、連作形式となる最初の作品を原文で読み返し、表現の自由さを再度実感することとなった。計算尽くなのか偶然なのか、最初のうちはかっこいい表現だななどと思いながら読んでいた筈が、いつの間にか気怠さやら緊張感やら様々な気配が纏わり付いてくる。まぁ、戦争なんてロクなもんじゃない。

201706-412

When I was a simple minded student major in physics, I got into an argument with my friend about a power of expression. I had believed only a dense and profound expression should be the goal to show what I thought. He didn’t talk much but the next week he brought his wish list. It was just a list of words but I found it told everything he wanted. He was always free to do anything and I had my own invisible ceiling.

I’ve ever read it in Japanese. Indeed it was translated by Haruki Murakami and, as you can easily imagine, with beautiful words. A few days ago, I rediscovered the paperback in my bookshelf and decided to read the original text. It was a lucky moment.

最近読んだ本

本当の戦争の話をしよう(文春文庫)
The Things They Carried
ティム・オブライエン 著, Tim O’Brien, 村上 春樹 訳 

 

 

Photo, photo challenge

Weekly Photo Challenge: Transient

201706-401

My English dictionary illustrates the word by an example: Life is but a transient. It seems not so proper sentence to learn the word but a good lesson.
For a long while I believed a French word l’étranger, which was relatively well known in Japan, meant “transient” because its pronunciation sounds similar somehow. Now I know it means stranger but I’m also wondering if it is a same thing. A transient is always l’étranger like a life.

In response to the weekly photo challengeTransient by The Daily Post.

Bonne journée

le carré (1)

201706-311

丘と呼ぶには大げさな少しばかり周囲より高くなったその場所の坂の上から見下ろす線路は、光があたって茶色く変色した印画紙にわずかに残された顔の輪郭をたどるように曖昧な線を描きながら、低地の向こう側の白茶けたビジネス街といくらか木の匂いのするこちら側の宅地とを隔てる境界となっていた。子午線が目に見えるものならそうだろうと思わせるような唐突なその線は、向こう側にある欺瞞を今ここにある気怠さから切り分けた。
シジュウカラの3度繰り返す甲高い声が頭のてっぺんから突き刺さり、SNSがブルブルと不平を漏らす。再び始まる今日。気怠さをあらわす傲慢な線。
昨日のうちに出来上がった薄茶色の報告書よりも端が折れ曲がった会議室のスクリーンが気になって仕方のない誰かが、今日の会議が無意味であることを淡々と告げたらどうだろうと坂の下の駅に向かってため息をつく。もう一度、ブルブルとバッグの中で何かが蠢いた。青がぢっと息を殺しながら溶けていった夜が、再びめぐってきた朝の喧騒を逃れるように、バッグの中で呟いていた。何かを取り出そうとは思わなかった。
「本日もご利用ありがとうございます。」
あとほんの少し坂を下ればすぐ先にある駅。まだ、ずっと前から、もう少し、駅はそこにあるだろう。誰もが線の向こう側に行くために吸い取られるように無言で向かう駅は、いつもと変わらない能天気さで言葉を覚えたばかりのインコのように同じ言葉を繰り返す。
「本日もご利用ありがとうございます。」
誰もが乗りたがってなどいないあなたのためにある電車が、どこまでも薄茶色に滲んでいく朝、言葉は繰り返される。
「では、失敗の原因について追記の上、再報告してください。」
誰もが無意味だと知っている。ただ言わないだけだ。言わなければただ薄茶色の時間が過ぎて、今日は昨日となる。ようやく歩き出した茶色の靴の向こうで雲が動き、境界線の薄茶色の縁取りはどこかで今日と明日をも区別しようとしていた。
「今日は朝一番で報告しなければ。」
頭の中で面倒なルーティンを反芻するのはいつからの癖なのかと思う。
ざわざわ、ザワザワ、ざわざわ。
ふと道路脇のアーモンドの木を見上げ、昨夜の強風に飛ばされたプラスチックバッグの湿ったにおいを思い出した。怠惰と気まぐれな風との間に置き去りにされた青いビニールのカケラは、シジュウカラが忙しくつつく花芯の下で微かに音を立てていた。
駅裏に向かう路地の狭い階段を下りながらスマートフォンをバッグから引き摺り出し、白く小さな点で描かれたメッセージを確かめる。いつも繰り返すルーティンは、いつもと同じエッフェル塔の写真だけが染み込んだガラス板の上で電車の遅延を知らせていた。


Cafe Everestからしばらく時間があいた。構想からすればまだまだ出だしだが、そもそも書こうと思わないからひどく進まない。だから、ともかく後にしようと思っていた2番目の散文詩の冒頭部分を先にポストして、いくらか自分にプレッシャーをかけようという魂胆である。le carré(ルカレ)は少し馴染みのない単語かもしれないが、日本でも案外いろんなところで見かけている。ただ、le carréが出てくるのは次回。また間が空きそうだがお付き合いいただければ幸いである。