Cross Cultural

国際会合とネクタイ

201404-027国際会合と言うと、堅苦しくて時に緊迫した応酬が続く、多くの人には縁遠い場のように思われる。スーツとネクタイで身を固め、書類ばさみに無造作にまとめられた資料の束をアタッシュケースから取り出す。聞き慣れない言語でそっと耳打ちがなされ、その日のレストランの相談をしているのか、議題の本質に関わる重大な決断がなされようとしているのか、判別すら出来ない。ただその後に耳打ちされた人物がそっと手を上げたことで、少なくともレストランの相談ではなかったようだと判断するのみである。そして発言から少しだけ間をおいて、その聞き慣れない言語が訛りの強い英語であることを知る。しかし、実際のところ、スズキのムニエルであろうが今後の10年を決定付ける決断であろうが、差して違いは無い。

だが、個人的経験からは、知るかぎりにおいて、普通の国際会合には、このようなまるで映画で見るような堅苦しさも苦渋の決断もない。カジュアルな様子で会議は進んで行く。確かに緊迫した議論が続くこともある。会合の終わりには、決議事項が淡々と列挙され、拍手で賛意を確認もする。参加者や会場運営者への謝意も欠かせない。それがすでに決定済みであってあらためて参加者の賛意を得る必要などなくとも、宮殿を守る衛兵の交代のように、形式が必要である。
しかし決定的に違うのは、議論の場であり、議長の立場である。そこには耳打ちする人物もいなければ、熱心な議論を妨げる通訳もいない。恐らくは権威のある何某かの立場において、冒頭のような会議もあるのだろう。しかしそれは例外的なものだと考える。そして、それほど多くの例外が存在するとも思えない。

その国際会議が何のためのものかと言えば、恐らくは、世界に共通の改善や利益、人類の幸福のためのものであり、会議は参加者に共有された合意を得る場である。大袈裟ではない。参加者はみな真剣である。もちろん、多くは特定の組織の利権を代表もしている。しかし、それ以上に全体の利益が優先される。自分だけが優位な条件であっては世界は動かない。世界のために参加しているのである。少なくともかつて、その会議の状況も知らず、英語も自由に操れない私をある国際会議の場に連れだした先達は、「会社のためではない。世界のために仕事をしているのだ。」と言って憚らなかった。

その会議は、今でもカジュアルさを押し通している。ほぼ一週間の会期中、3回の全体会合と多くの小会合が行われ、全体会合では数百人が、小会合では数十人が議論を交わす。時に些細なことで議論は白熱し、3分席を離れただけで話の趣旨がわからなくなることもある。腕を捲り上げ、熱弁をふるい、思うところを主張することもあれば、人の意見に耳を傾け、静かに同意を示すこともある。しかし、参加者の多くは、今まで自宅でのんびりとポテトチップスを食べながら映画でも見ていたかのようにリラックスしている。椅子を逆さまに使い背もたれに腕を乗せている参加者もいれば、開催地で手に入れたTシャツを着て、メッセンジャーバッグから取り出したノートPCで写真を眺めている参加者もいる。気負いのようなものはほとんどない。参加者のほとんどがエンジニアであることが理由であるかもしれない。ステレオタイプな見方をすれば、技術者は政治と服装には無頓着であるという。しかし、そのような見方は経験上正しいとは思えない。

カジュアルさを印象付ける理由のひとつは、ネクタイをしている参加者がまれだということだろう。はじめて参加する時、同僚は「always casual」とその様子を説明して、やんわりと注意を促した。その意味がなんであるかを理解したのは、会合が始まって2日経ってからだった。会合初日は大会議室いっぱいの参加者の中で、淡々と進むアジェンダの確認や動議をキャッチアップするのに気が抜けず、余裕がなかったこともある。ようやく慣れてきて、周囲を見渡し、参加者がほとんどジャケットさえきていないことに気付いたというところである。議長がネクタイにスーツであったことも気づくのが遅れた原因のひとつだろう。だが、状況を把握したのは翌日であった。

その日、10人程の小さな会議の場所と開始時間をようやく探し出し、小さな会議室を探し当て、会議の目的に従って、何とか会議に参加していると思える状況になって、それは起きた。
その日の会議の目標は、あらかじめ各自が作成した案にしたがって、これから決めていく標準規格の要件をリスト化する事にあった。それぞれが、個々の考えを言い合い、議長がそれらを整理する。ある程度、議論が進んだところで、ひとつの文章が気になった。
「それは、”It should be ~”と言うべきではないか?」
と言うと、隣のドイツ人がすかさず声をあげる。
「お前はネイティブでじゃないのだから、黙ってろ。ネイティブのやつが直す。お前、真面目に参加しているのか?」
さらに隣のイギリス人が重ねる。
「お前もドイツ人だろ。黙ってろ。」
決して悪気はなさそうだが、あまり気持ちの良い状況ではない。そもそも、真面目に参加しているかなどと言われる筋合いはない。結局は、その後はあまり発言しないまま、その日の会議を終えることとなった。

あとから聞くと、ドイツ人の意図は意外なところにあった。ぶっきらぼうな表現は、単にそのドイツ人がネイティブではない事がその理由のひとつであり、小さな会議体が、カジュアルに思うところを言い合う場であるという自然な合意がある事も理由のひとつである。そんな中で、彼は、私が本気で参加しているかどうかを訝しがったのである。
こんな話がある。その会合でネクタイをしめているのは、日本人、韓国人、ニューヨーカー、議長の何れかだけであるという。真偽のほどはわからないが、強ち間違いではない。勿論、参加慣れした日本人は、皆一様にカジュアルな服装をしている。あるひとの見たてによれば、参加者はベストをつくそうと参加しており、長時間に渡る会議に堅苦しい格好で参加しているのは、考えられないのだと言う。パーティーでもなく、権威が求められる場でもないのにネクタイ姿である。営業に来ている可能性が高いということである。つまり、ドイツ人の意図は、ネクタイ姿の見慣れない参加者が、内容ではなく文法に関してコメントするのは、真面目な参加者とも思えない、というところである。
日本人的な感覚から、参加資格が投票権を持たない個人とは言え、国に登録して参加している以上は、きちんとした失礼のない格好で臨むべきだと考えたのが間違いであった。国に登録して参加している以上は、きちんと結果を出すためにベストをつくそうと考えるべきであった。

勿論、権威が求められる全体議長や大きなグループの議長は、それなりの身だしなみが求められる。そう考えるのも、半分は誤りである。ある人によれば、議長は、権威のある立場としてネクタイをしているわけではない。参加者に敬意を表するためにネクタイをしているのだという。仕事や研究の貴重な時間を割いて、合意を得るために遠くから会議に出席しベストをつくす参加者に、敬意を表する事は当然であると。

考えてみれば、フランスのレストランでネクタイを求められるのは、かなりあらたまった高級な店だけである。ミシュランが星をつけるようなレストランでも、ネクタイは要求されない。ビジネスマンがネクタイをしているのも、業種によってはまれである。
一方で、日本においては、多くのビジネスマンがネクタイをあたりまえとし、たとえ暑くても、それをやめるにはクールビズのような、何らかある種の基準が必要である。
そろそろ、ルールやマナーの背景には何らかの精神がある事を思い出し、その精神を考えながら行動を考えても良さそうである。でないと、ネクタイひとつで意思疎通がはかれなくなるかもしれない。相手が、好意をもって日本人の生真面目さを理解しようとしているうちがチャンスである。

Advertisements

コメントを残す (Leave a comment)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s