Bonne journée

やわらかいシステム

コンピュータネットワークで言うシステムは、グローバルに見れば、定型的な処理・操作を時間・空間に対して秩序を持って行うための枠組みである。例えば、社内の業務管理においては、

  • 必要な情報を入力・収集
  • 紙などに記録
  • 整理して表示
  • アクションの状況を把握

といったことが、間違いのないように一連の流れとして行われる事を強制する仕組みであると考えられる。そのためには、手順や情報の項目などが整理されていなければならず、その場その場の最適解では矛盾が発生することになる。システム・エンジニアの仕事は、全体としての最適解を探すということでもある。ひとりの利用者やある局面にとってどんなに優れた解を提供しても、それ以外にしわ寄せがあれば、それはたちまち使われなくなる。
一方、利用者から見れば、システムが提供するものはその結果でなければならない。販売数量を把握して、必要な生産量を正しく決定するといったことが、余分な作業をすることなく実現されることが重要である。すなわち、やりたいことを感じている利用者と、やりたいことが何であるかを明確化するシステム・エンジニアという2つの立場でシステムは構築されなければならない。

それは、言い方を代えれば、利用者にとっての利便性(ユーザビリティ)あるいは操作性と求める結果が確実に得られる一貫性とでもいうべきものの両立ということでもある。問題なのは、利用者によって求めるものが異なるということである。システムは、利用者によって使う目的が異なると言っても良い。
例えば、在庫を管理するシステムは、在庫を引き当てる目的でのみ使う利用者もいれば、不良在庫を分別し対処するために使う利用者もいるかもしれない。経営的立場であれば、総在庫金額の推移や回転率の分野毎の状況が知りたいかもしれない。顧客と販売契約を結ぶために在庫を引き当てた担当者にとって、素早い簡単な検索は必須である。もちろん、間違いはあってはならない。

やや異なるが、たとえば自動販売機であっても、2つの点からシステムは構成されている。ひとつは、コインを投入してボタンを押し、物品が出てくる仕組み全体であり、もうひとつは、自動販売機を管理して物品を補給し、売り上げを回収する整合性の取れた仕組みである。自動販売機を使う利用者と自動販売機を使って商売する側では目的が違って当然である。それでもなお、自動販売機はひとつでなければならない。

PCなどのユーザーIFについても、定型的な処理や操作を時間や空間に対して秩序を持って行うための枠組みという点では同じである。
Windows の操作性は、基本的には普遍であり(もはやそうでもないところもある)、アクセルとブレーキとハンドルという車の操作も普遍的に設計されている。利便性を高めるために大きなIF設計の変更を行うことは、それがたとえ画期的なものであっても時間をかけて問題が発生しないように変更されなければならない。これは、「定型的な処理・操作」のシステムとしての目的が重要となるからである。
車の例であれば、エンジンを始動するのにキーをまわすことがシステムの中で重要な操作として扱われてきた。これをボタンにすることは、時代の変化の中で徐々に許容されてきたが、例えばメルセデスがこれを変更しようとしない事の背景には、システムとしての視点があるからだろうと想像される。実際、緊急時にエンジンを停止しようとしても、ボタンであると簡単ではないという問題は、システムの基本的な意図が重要であることを示していると考えられる。

一方で、システムが提供する心地よい「強制」に対し、時代が多様性を求めていることも事実である。定型的な処理は、新しいニーズに対しても制約をあたえることになる。このため、新しいことはなかなか受け入れられない。リアルとデジタルの相互の関連性は、こうした問題に答えられるものであるべきである。
タッチパネルは長い間様々な形で試みられてきたが、ほとんどの応用例は券売機のような比較的操作が単純なものが中心である。その背景には、利用者がそれに慣れていないことや、応答性が悪い、あるいはコストが高いといったこともあるだろう。だが、あまり言われていない理由のひとつに、複雑な操作が難しいということもある。
PCの操作をタッチパネルで行おうとすると、ボタンを押すだけなら簡単だが、複数の項目を選ぶというだけで、途端に操作が難しくなる。個々の技術は大したことがないと言う人も多いが、iPhoneの操作性は、大きな制約を与えながら、使う上では感じさせない点で、優れた回答なのだろうと思われる。操作性に求められる一貫性を維持しながら、多様な要求に対して柔軟に応えるのは容易ではない。
このblogのほとんどのテクストは、iPhone上で書きiPhone上で編集したものであり、時にiPhoneからサーバーにアップしてもいる。書いている途中でWeb上のコンテンツを検索することは日常的であるが、英語やフランス語を調べ、稀に地図を眺め、写真を編集する。テクストやhtmlファイル、編集した写真はクラウド上にアップされ、恐らくは、その過程でAppleやGoogleは統計分析を自社のために行い、通信会社はパケット数や使い方の傾向を通信トラフィックとして分析している。

多様性と一貫性を両立させることは、今や必須の条件であり、そのためにシステムに従来以上の意味で柔軟性を与える事が期待されているように思われる。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s