Cross Cultural

仕事の話は通じても

たとえばフランス人と日本人が仕事で話をする時は、共通語は英語である場合が多い。大阪にしばらく住んでいたフランス人の知人は日本語に困らないから会話も日本語ということもあるが、それは稀なケースであろう。同様に、フランスに長く住んでいる日本人の知人はフランス語が普通に話せるから、フランス人と話す時はもちろんフランス語である。ところが、この中にフランス語がわからない(私のような)日本人がひとり入っただけで、(前者の例なら日本語がわからないフランス人がひとり入っただけで、)会話はとたんに停滞する事になる。会話に使う言語は分かる言語の最大公約数でなければならない。しかして、生粋のフランス人2人と日本人2人の4人のグループでの日本人同士の会話が英語だったりするという奇妙なことが起こる事になる。

いかにフランス語が得意な日本人であっても、流れ続ける言葉をリアルタイムで通訳する事は難しい。だからこそ、同時通訳という才能が職業として成立するのだろう。言語として一対一に対応しないだけでなく、両方の言語で会話を捉え、専門的な内容も含めてリアルタイムで通訳するのは神業に近い。国際公用語が存在するのは、実際的な事である。
フランス語も国連公用語だと記憶しているが、デファクトスタンダードとでも言うべきは英語である。英語であれば多くの国で教育体制が整い、普段使うことはなくても通じることが多い。英語を話したがらないと言われるフランスでさえ、今や英語だけで旅行ができる。特に観光地では、ほとんど困ることはない。聞けば小学生から学んでいると言うし、高校生ともなれば3か国語程度は話すのはめずらしくないらしい。だから若い人なら多くが英語を話す。

そうなると、ビジネスの会話が英語というのが俄然現実的に聞こえてくる。何と言っても、ビジネスの会話はバックグラウンドが共通である。何かの製品の仕様の話をするのも金額の話をするのも専門領域についての会話がほとんどであって、分野によっては単語のほとんどが共通語であったりもする。少なくとも技術者間の会話は、共通語で話しているのに近い。相手先の製品カタログを開いて欲しい製品を指さしながら、”smaller” などと単語ひとつで必要な意図が伝わることすらある。
単語並べで会話をする達人のかつての同僚の説明は、強烈な印象として記憶から離れない。その同僚は、ある技術的な問題点をさらさらとホワイトボードに絵を書いたあとで、実際に、
「あん、and、あん、go、no good。」
という奇妙な擬声語混じりの言葉だけで説明したものである。もちろん、「あん」という音を発しながら、描いた絵を指差している。返ってきた答はまともである。
“OK, you are mentioning some potential issues might be found here, is that right?”
“Oh, yes.”
英語で一所懸命話して伝わらなかった同席者は、見習うべきか否か大いに悩んだことだろう。ただ、このような会話は、背景を共有した間柄であり、たとえばホワイトボードに書かれた文字が共通語である英語であるから成立しているのである。たとえ片言であっても英語でありさえすれば、ビジネスの会話は成り立たなくもないという事である。
もちろん、旅行程度の会話も簡単な英語で成立するだろう。人生相談するわけでもない。八方尾根でお世話になったタクシーの運転手さん曰く、
“Where, go?”
で十分だそうである。出来るだけ正しい英語が使えるにこしたことはないが、ひどく間違っていても英語が使えること自体が有用なのである。

ところがである。片言だろうがネイティブ並みの英語力であろうが、どうしても伝わらないことがある。たとえば普段は会話に登場しない動植物の名前や食材などである。確かにFoie grasや天麩羅は問題ない。共通の背景をもつ仕事の単語と変わらない。
一方、金目鯛や大葉となるとそうはいかない。フランス語で何というか全く知らないし、英語でもわからない。パリから仕事で11時間のフライトと長い待ち時間や電車を合わせて20時間もかけて仕事で来たのである。僅かばかりの楽しみのひとつは食事に違いない。どんな魚か知りたがっているのに答えないわけにはいかない。早速金目鯛を辞書で調べれば、alfonsinoだそうである。ところが、alfonsinoは英語である。普段、母国語がフランス語であるのに、alfonsinoという英単語を知っているとは考えないほうが自然である。漁業関係の仕事でもしているなら別であるが、それは専門用語に近いだろう。そこで今度はalfonsinoを仏英辞書で調べることになる。フランス人が辞書を引いて浮かない顔をする確率は50/50である。請け合っても良い。その後に長い長い説明となる。明るい赤で目のギョロッとした魚である。比較的ポピュラーな魚だが、最近は高級で、頻繁に食べるというほどでもない。少し深い海に住んでいる所謂深海魚で、釣りを楽しむ魚でもない。Seabream(鯛)と似ているが違う種類である。このあたりで「頭に発光体があるのか?」などと聞かれると、説明するより実物を見るしかない。そして、「あぁ、大体わかった」である。

意外に難しいのは大根である。辞書を引かずともradishという単語くらいはすぐに思いつく。仕事や旅行で英語を使うフランス人ならradishは普通に理解するだろう。radishは普通の食材だし、英語の教材にも出てきそうである。だがまてよ、radishと大根は違うではないかと思い始めたら再び長い長い説明の始まりとなるのは間違いない。刺身のつまだろうが大根おろしだろうが、radishからは遥かに遠い。色が白で大きい?正しい説明だろうが、必ずしも正しくない。何度も日本に来て大根を食べたことがあってもradishから長さ50cmの白い棒は想像できないだろう。
バックグラウンドが違うという事は、そうした理解の難しさと直結している。増してや感情や思想となれば、ハードルが一気に高くなるのは間違いない。フランスで何故ストライキが多いのかは、長い長い議論がなければ真の理解は叶わないだろう。

バックグラウンドが違えば理解が難しい一方で、言葉が通じなくても意図が伝わることもある。
パリからの帰り、時計塔がシンボルのリヨン駅 (Gare de Lyon) からシャルルドゴール空港(L’aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle)に向うために乗ったタクシーのドライバーは、英語がほとんど通じなかった。片言ということはままあるが、ほとんど理解しないし、話すこともない。どうにかシャルルドゴール空港からエールフランスで東京に向うことは伝えたが、何しろ大きな空港である。正しい場所まで行けるかどうかは確証がない。違う場所なら思いスーツケースを引きずって移動するしかない。こちらも普段は「こんにちは」「また明日」程度のフランス語しか話さないから、頼りは便名とドライバーが持っていた時刻表のみである。
聞けば、スペインから越してきたそうで、スペイン語なら問題ないという。ヨーロッパはアメリカほどでもないが、それでも国境を越えた移動は日常だから、ありそうな話である。どこに行ったのかと聞くから、ニースやアヴィニョンなど南仏を回って来たなどと会話をしながら時刻表の確認を終えて車が走り出す。
帰りにシャンゼリゼを見て空港に行きたいと話すと、すぐに分かったと向かってくれた。十分間に合うから大丈夫だそうである。凱旋門が大きくなり始め、ラウンドアバウトをくるりと回ると、一路空港に向けて速度をあげる。
結局、タクシーはカウンターの前の入り口に横付けだった。
今思えば、何語で話したのか皆目検討がつかない。恐らくは、英語とフランス語と日本語が混ぜこぜだったに違いない。それでも意思は通じることもある。言語を超えてコミュニケーションするということは、そうしたことなのだろう。道具としての言語の使い方と意思や文化の理解の努力とがあって、会話は成り立っている。
もちろん、それでも、どうやって会話したのか合点がいかないが。

デファクトスタンダードとしての英語の利用は、乱暴な言い方ではあるが、今では世界の常識となっている。ある意味、国際標準の道具である。これに文化の理解、あるいは、理解しようとする意志があれば会話は成立する。
注意すべきは英語が道具として標準だということである。つまり、道具としての英語と、たとえばフランス語を母国語とするフランス人に、日本の街中で「英語」で話しかけるということとは別なのではないかと考える。日本語をほとんど聞かないフランスで、日本人が中国語で話しかけられるのと大差ない。英語がいくら国際語であったとしても、母国語と混同してはコミュニケーションの基礎を欠くことになりかねない。英語は誰でも話すが、だからといって誰もがアメリカ人や英国人なのではない。
会話とは、意思を伝えることだけが目的なのではなく、理解することでもある。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s