Books

A Book:知の逆転

20130519-001朝日新聞の書評を見て、あぁ、こんな本があったのかと入手した。世界で注目され続ける知的好奇心にあふれる人達のロングインタビュー。しかも、個人的に気になっていながら、どこか違和感も感じて読むのをためらっていた本の著者ばかりである。ジャレド・ダイアモンド、ノーム・チョムスキー、オリバー・サックス、マービン・ミンスキー、トム・レイトン、ジェームズ・ワトソン。ベストセラーの要素という文脈からは遠いが、どういう訳か書店に文庫本が平積みされているような著書のある研究者ばかり。期待せずにはいられない。

書評でとりあげられたので、恐らくは似たような感覚で読んだ人も多かったのだろう。Amazonでもあっという間に品切れとなった。本好きというのはそうしたものである。ベストセラーであろうがなかろうが、知らなかった面白そうな本を見つけると、ともかく読んで見たくなる。やれ帯の文句が良さそうだとか(怪しいぞとか)、この訳者なら間違いないとか(読みにくいんだよなとか)、表紙見ただけで面白さが分かるとか(きっと不本意なデザインだぞとか)、そんなたわいないことも読む理由となる。昔なら書店で一冊取り出しては唸って選んでいたのがオンライン化しつつあるという違いはあっても、本好きの行動に大きな変化はないのだ。もちろん、オンラインだと前書き読んで買うのは止めたというのは難しい。だから、手に入れると、少々不安を感じながらページを繰ることになる。この本は、その点、概ね内容を把握出来ていたので安心して読み始めることが出来た。出来た筈だった。

しかしである。実際には、前書きを読み始めて3行で疑問符がつくこととなった。つまり、あまりに論理の飛躍が大きくはないかと。それはそのまま、例えばジャレド・ダイアモンドに違和感を感じてためらっていた理由そのものでもある。

著者であり編集者でありインタビューアでありその翻訳者である吉成真由美はその前書きで言う。

そのうえインターネット時代になって、受け取る情報がやたらに増え、難しさがぐっと増してきている。情報を得ることと、それを判断して考えることとは全く別の脳作業となるから。

確かに情報を集める努力とそれから考えをまとめる努力には大きく異なる能力が要求されるように思われる。だからと言って、あふれる情報を前にして、それを引出しに整理するのが精一杯で考える事が困難となると言うなら、それは論理の飛躍というものではないか。そう感じるのである。

そうした違和感と同様の前書きへの反証は、実はインタビューの中でも語られる。ひょっとすると、著者はそのような効果を狙ってステレオタイプな視点を前書きに入れたのではないか。

インターネットで世界中の情報が間違いも含めて簡単に手に入るようになったというのは、紛れもない事実である。高度な(いや低脳なというべきか)検索エンジンは、信じられないほどの適切さで情報の山を提示してくる。適切さという表現が正しくないなら玉石混交としても良い。少なくとも、間違いも含めて情報が素早く得られる事に異論は少ないだろう。その中から、正しい(これもまた曖昧な定義だ)結論を導く事ができるかどうかは別な能力だ。この結論を導く行為、あるいは考える行為に時間をかけることが出来るようになっただけでも、考えることが難しくなったということとは大分異なると思うのである。

ご丁寧にもインタビューの大きな流れはある程度統一されている。3人目ともなれば、次にどんな質問がありそうかという程度ならある程度想像がつく。その期待値と回答の差異もまた面白い。通り一遍の事を答えたなと感じることもあれば、意外性のある回答もある。勿論、読者の持つバックグラウンドにもよるだろう。インタビューアと異なる見方を持っているから意外性を感じるところもあるかもしれない。だが、恐らくはインタビューされる側の知的好奇心によるものが大きいに違いない。同意するにせよしないにせよ、読者もポジティブな好奇心をもって読むのが良い。そして、とりあげられた著書と最後の質問の作品から、次に読みたい本を選ぶのだ。

「知の逆転」でとりあげられた本のために、既に長い読みたい本のリストがさらに長くなって、もはや、手元のリストは次に読む本の買い物リストから次に読む本を選ぶリストになってきた。そろそろ何を読むかを決めて、読まれるのを待つリスト、ひと昔前なら「積ん読」リストに加えなければならない。

ただ、これだけは最後に正直に書いておくべきだろう。「知の逆転」読了後も、今もってこのタイトルの意味はわからないのだ。面白いと感じながらも何ともすっきりしない不思議な本である。

 

最近読んだ本

知の逆転 (NHK出版新書)
吉成真由美 インタビュー・編

奇想の系譜 又兵衛-国芳 (ちくま学芸文庫)
辻惟雄 著

赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか (光文社知恵の森文庫)
赤瀬川原平 著

それでも住みたいフランス (新潮社)
飛幡祐規 著

Advertisements

1 thought on “A Book:知の逆転”

コメントを残す (Leave a comment)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s