Art, Bonne journée

Bonne journée (19)

20130810-002

日本語は後半に

A new TV ad series of the LED light project of musée de Louvre by Toshiba was shot in the museum. In the previous ad video, a little girl was just talking with an old man there. He was unknown man but obviously any art lover would likely imagine who he was because he was bearded. The ad looked common and non characteristic as usual corporate ads did.

This month, Toshiba has started new ad of LED light project. Surprisingly this new ad wasn’t just an easy answer of the previous one but adding new spices. In the movie, actually it’s long 120 sec ad video, at the beginning, the old man talked to the little girl about a history of light; a candle, a  lantern, gas lamp and of course LED. Then he said he would show her inside of the Louvre. He introduced some painters with their works, Ingres, David and Delacroix. Then they said “Master” respectfully. In fact he was a great master of them. Behind each painters, their self portraits were seen. After the valuable experience, the old man went away, yes,

Behind the Mona Lisa (La Gioconda).

You could see why such a video was shot at the end. Every master pieces must be drawn under a dark light and LED could show them as they were. If you are art lover, especially of 19’s century, you would  be happy to meet the history.

Perhaps you found that Ingres, David and Delacroix were French painters. Of course because it is a story in the musée de Louvre though da Vinci lived in France only in the end of his life.

Here’s one unnecessary note to be pointed out. Probably as you find, Delacroix was a painter of romanticism and Ingres and David were needless to say neoclassicism. It sounds odd. I suppose it says time passed away.

Vous comprendrez le français? You are lucky. Conversation is done in French. If you live in France, probably, you are not so lucky. The ad video is available in Japan on some TV program. But perhaps you could see it on Toshiba web site.

20130810-001

東芝のルーブル美術館LEDプロジェクトに関するテレビコマーシャルは、ルーブル美術館で撮影された。前回のコマーシャルビデオでは少女が老人と話しているだけだった。老人は誰か分からなかったが、そのたくわえた髭で美術好きならそれが誰であるか簡単に想像がつきそうな内容であった。一般的な企業広告がそうであるように、平凡なものであったのだ。

今月、東芝はその新しいコマーシャルを開始した。驚いたことに、それは前回の単純な答えではなく、ひとひねり効いている。

120秒ものその長いビデオでは、最初に例の老人が少女に灯りの歴史を説明している。ちいさな炎がロウソクからガス灯へそしてLEDへと変わっていく過程である。そして老人は美術館の中を案内するという。彼が紹介するのはなんとアングル、ダヴィッド、ドラクロワその人である。彼らは老人に敬意を以って「マスター」と呼びかける。背後には自画像である。その価値ある出会いの後で老人は歩み去って行く。そう、モナリザの背後に。なぜこのようなビデオが撮影されたのかは最後に分かる。これらすべての名画は暗い灯りの下で画かれたに違いないのだ。そして、LEDはその灯りを再現出来るのだと。アート好き、特に19世紀が好きなら、その歴史に出会い嬉しく感じることだろう。

アングル、ダヴィッド、ドラクロワが全てフランスの画家であることに気付いたかもしれない。もちろん、これはフランスのルーブル美術館の話であるからだろう。ダビンチは晩年をフランスで過ごしただけではあるが。

最後に余計な注釈をつけておきたい。恐らくは気が付いているだろうが、ドラクロワはロマン主義の画家であり、アングルとダヴィッドは新古典主義の画家である。奇妙なことであるが、思うに、時は過ぎ去ったということを示しているのだろう。

フランス語が話せるならラッキーである。会話はフランス語でなされている。もしフランスに住んでいるなら残念だが放送されていないかもしれない。ひょっとするとこの東芝のサイトで見られるかもしれない。

Advertisements

コメントを残す (Leave a comment)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s