Cross Cultural

Le Manga

201411-211written only in Japanese

長距離便の機内では、アニメーション映画を見ることも多い。あるいは、正直あまり面白いと思ったこともないものの、いわゆるマンガをもとにした映画を見ることもある。暇つぶしということもある。だが、どちらかと言えば、折角の機会だから見てみたいといった理由である。妙なアクションサスペンスを見るより明らかにその回数は多い。

ところがである。マンガそのものが実は苦手である。そもそもイメージが湧かないから、なんとなくストーリーを追っているだけになってしまう。何故か動きのあるシーンが止まっているように見えたり、会話が不自然に見えたりと絵の中に入り込めないこともある。その点、風刺画や4コマ漫画はそのものズバリでまだ読みやすい。どうやら、連載マンガの類がだめらしいのだ。最近は電車で雑誌としてのマンガを読んでいる人も少なくなったような気がするが、たまに熱心に読んでいる人を横からそっと見て、純粋にすごいなと感じてしまう。

201411-212もちろん、マンガは日本固有のものではない。ベルギーにはバンドデシネ(タンタンが有名)と呼ばれるマンガの文化がしっかり根付いているし、いわゆるアメリカンコミックは指摘するまでもない。もはや明確に文化としての歴史と位置を持っている。こうなると、アニメーションではなく、マンガを楽しめないのは少々残念でもある。

最近は日本のマンガが一定の評価を得て、フランスあたりでは、若い層を中心に多くの読者がいる。先日も知人のフランス人が頼まれて数十冊のマンガを買ったとのことで、スーツケースに入らないからそれでも半分諦めたと話していた。やれやれ。どこまでブームは続くのか、マンガを読まない身としては、半ばあきれ顔で驚くしかない。いまや、地方都市にも専門店があり、ひょっとすると文化として定着するのだろうか。本の左右の開きの違いから、フランス語訳ではなく日本語で読む人も少なくないから、マンガで日本語の勉強をして、妙に今風な日本語を話す生粋のフランス人が現れるのは時間の問題だろう。変な日本語を覚えなければ良いが。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s