Art, Photo

紙片の宇宙

201503-121(written only in Japanese)

しばらく前に降った雪が、雪掻きの努力の褒美でもあるようにそこかしこに残り、冬枯れの木々の間に強くなった陽光が降り注ぐ森の中にその建物はある。コンクリートとガラスが光を反射し、自然とは相反するかのような造形は、思いのほか森と一体化して違和感を感じさせない。入り口近くの空間には、巨大な歯車の一部のような錆びた何かが時を止め、いずれ春の緑に覆われることを拒絶するかのようにじっとしているが、やがてその試みも無為に終わるのだろう。

だからなのか、その建物に入るにはちょっとした儀式がいる。明るい木々の間にかけられた橋が、道と建物を隔てているのだ。それは、本を読むことに似て、読者と本の世界を隔てる表紙を丁寧にめくるように、人は橋を渡らねばならない。そうやって、森に囲まれたその建物の中で、違う世界を感じることになる。

201503-123箱根の少しばかり分かりにくい曲がりくねった道を通った先にポーラ美術館はある。1900年頃の西洋絵画を中心としたコレクションは、国内屈指の充実したものとなっている。そのポーラ美術館で、3/29まで「紙片の宇宙」という企画展が行われている。藤田嗣治やシャガール、ローランサンなど、ポーラ美術館のコレクションや美術館が得意な画家が好きならもちろん、挿絵本好きにもお勧めできるいつもと少し違う展示である。なかなか見ることのない豪華本も展示され、普通の印刷でよいから買えないかななどと見ながらつい考えた。

あいにくとあと3週しか会期はないが、ちょうど春休み、箱根に本の扉をめくりに行くのも悪くない。

今週のWordless Wednesdayはポーラ美術館の写真を予定。

Advertisements

2 thoughts on “紙片の宇宙”

  1. ポーラ美術館は良いですよね。そんな展示がやっているとは知りませんでした。まだ箱根は、雪が融けずに残っているところがあるんですね。温泉、入りたいなぁ。ポーラはなんといっても、素晴らしい印象派のコレクションがあって見ごたえ十分ですよね。日本人のその当時の印象派への羨望と愛は、すごいものだとつくづく感じます。
    都市の美術館で観るのとは、また一味違った感じがして、それがまた良いのです。

    1. よく集めたなと感心します。展示数は限られますが、オルセーに行くよりずっと手軽で見応え充分。ついでにガレなどのガラスもあって、風景も良し。お得感たっぷり。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s