Bonne journée, Photo, photo panoramique

This winter was

201503-311Personal summary of this winter in Japanese with photo.

鋭利な刃物で金属の塊から削ぎ落としたような限りなく細く冷たい月を浮かべ、ブラッドオレンジのホリゾントに浮かぶ富士のシルエットが、やがて深海の青に沈みこむ。やがて静まり返った朝の空気に痛みを感じる季節が、昼と夜とを隔てるドアのすぐ向こうにあることを知る。遅い秋の夕暮れ。

どこまでも遠く無音の空気が響き、時間に遅れた赤茶色の枯葉が先を急ぐ。どこまでも遠い青の深みに空の上下が返り、地上が宇宙と繋がり出す。どこまでも淡いストーブの光がそれと気づかないほどに小さく揺らぎ、閉め切ったドアの向こうの乾いた冷気を主張する。早すぎる冬の午後。

降り始めた雨に灰色の影が混じり、降雪による通勤電車の遅延がスマートフォンのメッセージを埋めていった数日前の記憶は、やがて公園の隅の白い痕跡だけとなる。柔らかに凍った地面からクリスタルの針が太陽に向かって伸び、例年より早く凍りついた空気が、束の間の休息に安堵をつぶやく。真冬の昼下り。

いつもより僅かばかりその先を意識すれば届きそうな枯れ木の向こう側、視界に広がる窪地を超えて飛び越せそうな先に見える山は、それでもなお、淡いヴェールの曖昧な境界で分け隔てられる。距離が地図に書き込まれた概念でしかなくなる頃、寒さは終わりを告げる。鼻奥に広がる冷たい湿気に微かに梅の甘い香りが混じり、木々はもぞもぞと声を上げ始め、海は強い光に輝きを取り戻す。そこにある春の朝。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s