Bonne journée, Cross Cultural

AC9

taken with iPhone

Written only in Japanese.

依然として憂鬱な空気の流れる2006年が2007年に替わろうとしていたころ、ほとんどの人にとって何の変哲も無いいつもの年の「替わり」目、ひょっとするとそれは「変わり」移ろうとしていた節目だったのかも知れない。最近そう思い始めた。

このところ、何かを思っては写真を撮ってポストし、長めの文章といえばせいぜい仕事上の報告書を書く程度。その上、仕事で書く文章の原則で、簡潔で味のないぶっきらぼうな表現ばかりだからキーボードを延々と叩くことも少なくなった。だから、時々iPhoneで個人的なことをメモ書きしていると、妙に文章にレトリックを挟み込んでいる自分に気づく。そして、ふと思うのである。いつでも文章が書けるから表現にこだわったり、思いもよらなかったことをメモ書きするのだろうと。

taken with iPhone

2007年といえばデジタルカメラ全盛期であり、各社がこぞって新機能を宣伝し、ミノルタの資産を受け継いでソニーが一眼レフを発表した年である。携帯電話で撮った写真は鑑賞するにはいまひとつで、どうしても普通のカメラが必要な瞬間があって、携帯電話のカメラはメモ書きの範囲をなかなか越えられなかった。テキストを書こうとすれば、全体を俯瞰するには液晶は小さく、シンプルな文章をメモしてはPCに送って編集するほうが簡単だった。そしてその年、iPhoneがデビューする。

今、iPhone上で文章を書いている。フルキーボードの速度には敵わないが、使いたくないなどと思うほどにはストレスはない。そうやって書いた文章は、クラウド経由でどこでも同期する。通勤の途中で見つけた朝露に光る花壇の風景も世界中の誰かとシェアされる。実は、クラウドの代名詞となったAmazon elastic compute cloud(EC2)が発表されたのが2006年であり、2006年から2007年への変わりゆく時代は、そんな変化の時代であったのだ。紀元前(BC)と紀元(AD)になぞらえれば、さしずめbefore iPhone(BI)とAnno Cloud(AC)といったところか。2006年は1BI、2007年はAC1であって、今年2015年はAC9となる。くだらない遊びではあるが、個人的には腑に落ちた。

taken with iPhone

くだらない話ついでに書けば、この文章を書きながら今更気付いたことがある。ローマ建国の紀元前753年は、英語表記では753 BCであってBC753ではない。BCの意味を考えれば当たり前である。だが、これまで意識して考えたことなどなかったのである。多分に宗教的な側面もあって不愉快に感じるひともいるだろうからこれ以上は触れないが、こんなことに気づくのも、文章が見渡せるからだろう。

さて、ついでのついで。ローマ建国は紀元前753年である。千歳飴でも思い浮かべて覚えれば、妙にマニアックなクイズで正解するかも知れない。

Advertisements

2 thoughts on “AC9”

  1. ちなみにイタリア語で「紀元前」はAC(Avanti Cristo)ですね♪ 美術館の年代の表記がACだったので「え?」と混乱したのを覚えてます。
    iPhoneのカメラのクオリティも良くなりましたよね。お花がすごくキレイです。

    1. フランス語だと Avant J-C だそうです。さすがラテン三姉妹、ほぼイタリア語も同じなんですね。以前に AVANT という名前をあるプロジェクトで提案したら、後退するイメージで嫌だと言われ、思いがけず知りました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s