Bonne journée, Cross Cultural

夏至

201507-115

written only in Japanese

喧騒を忘れる静かなブルーグレーの朝、屋根裏の跳ね上げ扉を開けて遠く煉瓦の尖塔を眺める。燕が二羽、クリーム色のペンキがかすれて所々茶色になった窓枠をかすめるように飛び去った。教会の鐘がゆっくりと響きわたり、朝は前日の夜の喧騒など全て忘れ去ったように始まった。記憶は日々の忙しさの合間に辛うじて残される。

201507-114午後9時を過ぎてようやく夕暮れらしい影が石畳に現れる頃、華やかな1日をしめくくるにふさわしい夕食の並ぶテーブルを囲んで気の合う仲間と特にどうということのない会話を交わし、誰もがそれが始まるのをそわそわと待っていた。それぞれの皿の上には、かすかにフルーツの香りがするソースが恭しくかけられた子牛の肉とチーズをたっぷりと混ぜ合わせたジャガイモが乗せられ、ワインのボトルは次のグラスに注がれる準備でもするかのように人と人の間で右往左往した。足元には、お人好しの客からお零れを狙う鳩。ジリジリと腕を焦がす太陽は日中の勢いを忘れ、少し冷たい風がお喋りな人々とテーブルの間を抜けた。道を挟んで反対側の公園横で誰かがギターを抱える。すっかりリラックスした黒のポロシャツに少しだけ色の落ちたジーンズ、スキンヘッドの丸顔。ペグに手をやり首を振ると、やおらブルージーなメロディーをひとフレーズ奏で、キーボードが後を追ってリズムを刻んだ。そうやって昨夜の喧騒は幕をあけたのだった。

音楽の日(Fete de la musique)。夏至の夜は誰もが大楽好きになったかのようにいたるところに音楽があふれ、いつまでも夜は続く。メトロは乗り放題のチケを当たり前のように発行し、車は裏道に溢れる人々を避けるように走り抜ける。むろん、一部の人には迷惑なのだろうが、音楽の日とはそんなものなのだ。いつまでも明るい夏至を楽しみ、音楽を楽しむ。

(この文章は、夏至の翌日に書かれた)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s