Bonne journée, Cross Cultural

Bonne journée (38)

201602-111Written only in Japanese
フランス語はほとんど話せないが、何度か訪れているうちに最低限の挨拶のようなものだけは身についてきた。「こんにちは」と言った類である。郷に入っては郷に従えと言う通り、旅行者だからと言って相手に甘えてばかりとはいかない。少しでも旅先の文化を尊重する努力があればこそ、良い出会いもある。もちろん、フランス人やフランス在住の日本人からやんわりと忠告されることも無いわけでもないが、努力すれば相手も大目に見てくれる。そうやって、少しずつ覚えてきたと言うべきか。日本に来たフランスからの旅行者から、たどたどしい日本語で「こんにちは。横浜に行きますか?」と電車を指差しながら聞かれれば、答えたくなるのと同じである。
今は以前と違って、フランスでも大きな街なら英語が通じることが多い。まして、旅行者が行くような小綺麗な店ならほとんど問題ない。だが、少し小さな地元の店に行けば、たちまち英語はあやしくなる。その英語の通じそうにない店のガラス越しにちょっと美味しそうなマカロンが見えたら、フランス語を理由にためらいたくはない。

ということで、フランスの街角のお店に入った時の挨拶である。店に入ってまずひとこと「ボンジュール」は欠かせない。誰も教えてくれなかったし、案外語学の本にも旅行ガイドにも書いてないが、初めての店だろうがひやかしだろうが、ほぼ誰もが挨拶をする。日本で店主が「いらっしゃいませ」と言うことになっている暗黙の了解と同じで、客も「こんにちは」と言うことになっていると思えばよい。逆に「ボンジュール」と言わないに客は怪訝な眼差しが向けられる。もちろん、旅行客だなと直ぐに想像してもらえるだろうから絶対に必要なわけではない。大目に見てくれるのはそんな時である。「こんにちは」はフランス語で「ボンジュール」ですよなど、初めてフランス語を学ぶ時に教えられる基礎の基礎だが、それは言語であって、文化ではないのだ。
201602-112ホテルの食事は高い上にたいして美味しくないから、フランスに行ったら朝食はパン屋で買う事が多い。街中なら歩いて5分の範囲にパン屋が必ずある国だから、時差ぼけ解消と健康と美味しいパンのために朝から歩くのは気にならない。大抵は7:30くらいに店は開いている。見つけたパン屋のドアをくぐって最初にするのはこの「ボンジュール」の挨拶である。そうやって挨拶してしまえば、後は焼きたてのパンを見ながら「これひとつ」と言いながら指を立てるだけで買い物はできる。日本語であっても意図は通じるに違いない。もちろん、「un croissant, sil vous plait(アン クロワッサン シルヴプレ)」くらい言えるとよい。たどたどしいフランス語でそう言いながら、たったひとつクロワッサンを買ったら、おまけにシュケットを幾つか一緒に包んでくれたのは、随分と前のことである。もちろん、「ボンジュール」が良かったわけではない。恐らくは、お金のない学生か移民と思われただけだろう。もちろん、メルシーと言いながらクロワッサンを受け取り、「Bonne journée(ボンジョルネ)」と店を出た。後ろからは「à vous aussi(ア ヴ オゥスィ)」の声。「良い1日を」「あなたもね」そんな会話である。
これは、レストランでも変わらない。それどころか、美味しかったから次の日も晩御飯は同じレストランにしようと同じ時間に訪ねたら、前日と同じ人が出てきて、握手しながら「ボンソワ」と挨拶したということも一度や二度ではない。挨拶は基本のコミュニケーションである。

 

Advertisements

コメントを残す (Leave a comment)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s