Books, Cross Cultural

A Book: 知らざあ言って聞かせやしょう

201603-211This article was written only in Japanese.

いつものディナーへの道すがら、季節の話題に尽きる頃、誰ともなく持ち出す異文化の理解しがたい体験談。またもその手の話かといづれ誰もが認めているが、それも相手を思い遣る社会の潤滑剤の一部だと、否定できない遠い海風。もともと知ってはいる事すらも「あぁそうなんだ」と頷く仕草。
親しい知人との夕食ならまだしも、仕事の付き合いの食事となれば何かしら会話を楽しむことも礼儀のひとつ。まして生まれ育った国が違うとなれば、互いに響く共通の深い理解も僅かばかりに、表面的な文化の違いに話題が向かう事は避けがたい。しかして真剣な眼差しで質問されて答えに窮するは伝統の保存状況。正月や御盆のように脈々と続く伝統もあるが、それ以外となると案外縁遠い。保存会に参加して今はダンスの稽古中などと言われれば、どうにか答えを探し出し、早々に次の話題に移るしかない。

実際のところ、仕事で一緒させてもらっているフランス人から、小さな子供が伝統楽器を習い始めたとか聞かされると、特段伝統など意識せずに過ごしていることに若干の後ろめたさを感じなくもない。「日本でもそういったことしてるでしょう。どんなのがあるの?」と質問されても答えられない。しばらく前にも三味線の曲を聞かされて、「有名なんでしょ。いいよね。」と同意を求められたが、とんと思い出せなかった。歌舞伎は知られているから質問される可能性が高いが、数時間見るなどという経験はなかなかない。伝統とはなかなかに悩ましいものである。

日本育ちならどこかで聞いた歌舞伎の台詞が簡単な解説と共に多数収録されている。ひとつひとつが短い文章だから全体の様子は分からないものの、気軽に有名なところだけをつまみ食いできるのが嬉しい。歌舞伎ファンには物足りないのかも知れないが、少なくともほとんど歌舞伎を見たことがないなら十分である。勿論、例えば「曽我もの」が何かを知っているかどうかで読みやすさは違ってくるだろうが、知らずとも問題ない。解説を読みながら頷く回数がほんの少し違うだけだろう。読みながら、人前で思わず見得を切るのだけは注意したほうが良い。
ところで、いつものように前半は、インスピレーションからの自分なりの返歌としているつもりである。理解していただければ幸いだが、はて。

最近読んだ本

知らざあ言って聞かせやしょう―心に響く歌舞伎の名せりふ (新潮新書)
赤坂 治績 著

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s