Art, Bonne journée, Photo

Milky White

201607-311English text at bottom

レオナールフジタ(藤田嗣治)のような写真を撮ってみたいと時々思う。その絵に思い入れがあるわけでもなく、特に好きな絵があるわけでもない。ただ、あの分厚くも透明な乳白色がどうしても気になるのである。

ある種、モノクロームの写真は色が十分に塗り重ねられた状態に似て、作り手にも見る側にも想像力を要求するものだと思っている。色のない写真には頭の中で作られた色が乗せられて形となる。物理的なプロセスは容赦ない。赤も緑も同じ明るさなら同じグレーへと切り捨てる。だからこそカラーでは見えない画像が現れ、想像力を要求する。
そうしたモノクロームの色と彩度の低い色とは、だからこそ根本的に違うものとなる。彩度の低い画にはそれでもやはり明確な色があって、色調の淡い固有の風景がある。フジタの絵には豊かな色があって、それでいて乳白色という彩度の低い絵を構成している。だから誰も色の薄い絵だとは思わない。
彩度の低い写真を撮っても彩度を低く編集しても、撮影しようとした透明感や空間の深みは現れない。結局のところ、上手くいかずに妥協する。デュフィーのような色が好きだとか、クレーの線が美しいとか理由をつけて、そのどれでもない写真を撮る。

フジタに関する本を新しく読んだついでに、別なフジタの本も再読した。その書評についてはまた別途。

Sometimes I get the urge to take a picture like an art L.Fujita drew. Honestly saying, I don’t feel so much for his pictures. Let’s say, I can’t get out of my mind about his milky white colors.
Black and white photos require imagination to reconstruct colors both of viewers and photographers just like fully layered color paintings. In other words you can paint freely with your favorite colors.
However his paintings show us his colors with his milky whites. Maybe I could say it is a low chroma painting and with full colors. I have tried to take such pictures but failed so far. Sometimes I make an excuse myself like I love Raoul Dufy also.

201607-312

 

Advertisements

1 thought on “Milky White”

  1. ほんとに偶然ですね。
    私は藤田嗣治の画を観てきました。
    洋画に日本画の繊細さを表現したような、他に観た事がない画でした。
    透明な乳白色を縁取るラインの流れも美しくて魅入ってしました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s