Bonne journée, Photo

Le Guin

201705-111

If you see a whole thing – it seems that it’s always beautiful. Planets, lives… But up close a world’s all dirt and rocks. And day to day, life’s a hard job, you get tired, you lose the pattern.

もし全体を見るなら – それはきっといつも美しいことでしょう。植物が生い茂り命がある。でも、間近で見れば世界はどれも泥と岩。そして日常といえば、生活はひどく忙しく、疲れ、いつも通りになれない。

– Ursula K. Le Guin

Honestly saying, I don’t know the context of these words. I read few her novels in Japanese translation and found the quote on a web site. It sounds a bit pessimistic but probably she wouldn’t mention our aigre lives because we always know that’s why the world is beautiful.

正直に告白すれば、どんな文脈なのか分かっていない。アーシュラ・K・ル=グインは日本語訳で少しばかりSFを読んだ程度で、この引用もウェブサイトで見つけただけだ。悲観的な響きではあるが、恐らくは酸いた人生を憂いているのではない。だからこそ世界が美しいと誰もが知っているのだから。

201705-112

Advertisements

4 thoughts on “Le Guin”

  1. 私も邦訳しか読んでいませんが「所有せざる人々(The Dispossessed)」の一節だと思います。
    ロカノンの世界から始まるハイニッシュ・サイクルシリーズの中の一作で、世界観というものについて、色々考えさせられる作品かなーと思います。

    1. なるほど所有せざる人々ですね。随分昔に読んだような気がするのに覚えていません。読み直すチャンスですね。ありがとうございます。

コメントを残す (Leave a comment)

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s