Photo, photo panoramique

Yokohama andante 20.11

201711-412

The port divides your wanderlust off from the daily life.
その港は日々の生活から放浪心を切り分ける。

 

Advertisements
Books

A Book: パタゴニア

201711-411
In Patagonia: Bruce Chatwin

Written in Japanese.

 

見渡すあらゆる地平にはるか遠く空を抱く純粋さを示す場所なのか、吹き荒ぶ凍りついた風が大地の岩に引っかき傷を作りながら突き刺さる太陽の痛みを記録する失われた場所なのか。
ひととひとの単調に繰り返す営みに馴染めない者がやがて吹き溜まる場所なのか、ひとがひとらしく強さと弱さをそれぞれに見せながら生きる都会から少しばかり遠い場所なのか。
記憶はやがて薄れるものではなく、次第に好きなように姿を変えるものである。どこか本棚の隅にしまい込んだはずのパタゴニアの大地の写真は、到底自分が自分の脚で歩いて撮ったものでもなく、雑誌の付録としてあったグラビア印刷の広告だった。その荒涼とした大地には確かに道であると脳の奥でだけわかる砂利の川が流れ、特段憧れるような美しい風景が写っているわけでもなく、ただその見慣れない風景に漠然とした憧れのようなものを感じたのだった。同じ名前のアウトドア・ブランドに少しだけ惹かれていたということもあった。実際、それがどんな写真だったかも覚えていないが、ただひたすら月に降り立ったかのような異空間は、やがて機会があれば一度は見てみたい場所となったのだった。
暫くして再会したパタゴニアは、その南の隅にあるウシュアイアという街となってテレビの中に現れた。南極に向かう船の出発点として、そこはどこか他人事のような風景を引き摺ったコンクリートの街だった。きっと南極に向かう船が眩しかったのだろう。まさにそこにいて頑強な灰色の船に乗り込んだ知人は、ただ美しいと言って多くを語らなかった。それがパタゴニアの習いというものなのだろう。もちろん、一度も行ったことのない遥かな憧れとして。

旅行記の新たな地平を切り開いたとされるこの作品は、現実と幻想がどこかで交錯するフィクションでもある。そこでは時間までもが行き来する。それでいて、それは疑いようもなく紀行文である。読者はいつのまにかパタゴニアを放浪し、太古の時代から現代までを見晴るかす。時に強風に潮がセールをもぎ取って行く海峡を超え、時に銃弾の乾いた音に身構える。そうやって読み終えた時、遠いパタゴニアはそこにある。

最近読んだ本

パタゴニア (河出文庫)
ブルース チャトウィン(著)、 芹沢 真理子(訳)

photo challenge, Photo

Weekly Photo Challenge: Experimental

“All life is an experiment. The more experiments you make the better.”
Ralph Waldo Emerson said. It must surely be true but not so easy. Everyday life always gives us ideal ease. However you don’t need to think it rigidly in case photography. It is easy to release the shutter.

A backlight photo would be a common technique for capturing colored autumn leaves but, honestly saying, it was an experimental shot for me. What I wanted to take was ‘cold’ air. Probably it might be hard to share how Yokohama’s autumn or winter is in case you’ve never been. I hope it went well.

In response to the weekly photo challengeExperimental by The Daily Post.

201711-401

Photo

iPhonegraphy

201711-311

(日本語は後半に)
Let me discuss about the back camera of iPhone 7 or later. Perhaps some of my readers may feel strange because such type of article is a bit far from my regular posts. In fact, usually I have taken pictures with a full-frame digital SLR camera and basically removed camera information, exif data for instance, in order to avoid discussion of specifications. Of course, in some cases including SNS, I really loves my iPhone camera. It is obviously easy to use.
A week ago, one of my colleagues asked me if I really took pictures with iPhone whenever I added hashtags for iPhones. I said sometimes I forgot to add them but had no reason to write untruth. A question was how can I make a bokeh without retouching. Perhaps as you know iPhone 7/8 plus or and X has a dual camera system and you can easily add a bokeh at portrait mode. However it’s not always easy. It may add an artificial effect on your pictures.
A picture I put here wasn’t given any artificial bokeh and taken with my iPhone 7 plus (iPhone X seems too expensive for me) a few days ago. Its focal length is about 4mm and it is obviously difficult to produce a big bokeh. At least 20mm is required even if f-stop is marked as f/1.8. A key is to set your lens closer to the object you want to shoot and find a good angle where the background is far enough.

映像処理の専門家である知人と写真やカメラの話をしていたら、iPhoneでは良い写真が撮れないなどと言う。たしかに条件によってはプリントするとなると躊躇する場合もあるが、SNSで使う分にはかえって一眼レフより良く撮れることも多い。要は撮り方である。そうは言ってもなかなか理解するのは簡単ではないから、少し極端に撮って見たのが冒頭の写真である。若干の補正はしているが、妙な加工はしていない。iPhoneも侮れない。