Photo

Mostly Monochrome Monday 19/1

I took some alternative pictures for monochromatic view on Saturday and this is a scheduled post.

A Part of Mostly Monochrome Monday (is back)

Advertisements
Photo, photo challenge

A Photo a Week Challenge : Vanishing Point

I may have found something over the vanishing point but it still seems vague.
遠いその消失点の向こうに何か見えたような気がしたが、それはまだ曖昧なままだ。

Thee post was done through a free WiFi. I need a couple of months to get my safe and fast network.
まだまだ街のFree Wi-Fiを利用中。オンラインになるにはまだまだふた月程度はかかりそう。

A contribution to A Photo a Week Challenge: Vanishing Point by Nancy Merrill Photography.

Bonne journée, Cross Cultural, Photo

See you soon

7 years have been passed after my having set sail for somewhere on the blog sphere. It seems to be a right time to anchor in a new port and start exploring the new town.
ブログの海に漕ぎ出して気づけば7年が経過した。新しい港に船を休めて新しい街を探検する潮時というものだ。

Soon I’m going to disconnect my line for the adventure and I will be back within a couple of weeks. Perhaps you my find me here shortly but it might be just a temporal case for picking up my baggage left behind.
まもなく線を切って探検に出かけ、数週間もしたら帰ってくるだろう。もしかするとすぐに私を見かけるかもしれないが、それは単に忘れた荷物をちょっと取りに帰っただけかもしれない。

See you soon.
À bientôt.
また近いうちに!

住み慣れた横浜をしばらく離れます。新居が落ち着くまで、ブログはスローダウンすることになりそうです。このポストも予約投稿です。

Bonne journée, Cross Cultural

3.5mm

iPhoneからヘッドフォンジャックという3.5mmの穴がなくなって久しい。2年が経つそうだ。そう、テクノロジー記事が書いている。その記事のライターはそれに苛立っているようだが、正直何を言っているのかわからない。もう、ずっと使う機会がほとんどなかった穴が、わずか2年前まで存在していたことにむしろ驚いている。

普段使っているヘッドフォンにはワイヤーが付いている。その先にはBluetoothのレシーバーというか大半がバッテリーの小さな箱が繋がっていて、それを使うのは、ヘッドフォンジャックにクラシックなヘッドフォンを挿したiPhoneを使うのとあまり違わない。流石にレシーバーはiPhoneよりはずっと小さいのだが、線の先に箱が繋がった状態でヘッドフォンを使っているという点では、さほど違いはない。それでも毎日の通勤でクラシックや語学のコンテンツを聴く日課には、だが、iPhoneに直接ヘッドフォンを挿すクラシックな形が入り込むことなど想像できない。ライトニング端子をヘッドフォンジャックに変換するアダプターは持ってはいるが、ずっと自宅の箱の中に眠ったままだ。Bluetoothの充電を忘れても、それを使おうという気になったことはない。おそらくiPhoneを使うことの意識には、線が繋がっている状態がすでになくなっているということなのだろう。

感覚に個人差があることは重々承知しているし、自分の感覚を一般化することなどできないことも分かっている。件のライターが失われたヘッドフォンのための小さな穴に苛立っていることも、否定するつもりはない。ただ、フロッピーディスクのドライブがなくなった時も、MacがSSD化された時も、もしかするとカメラのメモリーカードがなくなる時も、それは唐突にやってきて、わずか2年で当たり前に感じることになるのだと妙な浮遊感のようなものを覚えているのである。

気付いてみれば、メインカメラはすっかり一眼レフからiPhoneに移行した。丁寧に撮影するなら一眼レフのが良いが、直感的に良い写真を撮るならiPhoneの方がはるかに優位なこともある。焦点距離50mmと4mmでは撮れる画像に大きな差が出るわけだが、厚みが5センチと4ミリではバッグから出す時などの身軽さが違う。50mmの光学的優位性など、結局ベストなタイミングで写真が撮れなければ何の意味もない。いささか強引に聞こえるかも知れないが、一度ヘッドフォンジャックがなくても困らないと思ってしまうと、それ以上に不要だという感覚が増してくるのである。

人間というものは、慣れたものと違うものに対してどこかで拒否反応のようなものを感じる保守的な生き物である。おそらくは生物は概してそんなものなのだろう。だから、ヘッドフォンジャックがない事に違和感を感じる人間もいれば、Bluetoothでない事に違和感を感じる人間もいるのだと直感で理解している。どちらが良いとか悪いとかではない。ただ、5年もすれば捨てされれるような技術の変化の中で、2年はあまりに長く、相互に理解できない状態を作りかねないのだと思うのだ。多様性は、ますます重要なキーワードになりつつある。