Bonne journée, Cross Cultural

A-un

This article was written only in Japanese.

阿吽(あ・うん)が何かと問われても案外理解できていない。サンスクリット語が語源だなどと言うつまらない知識の向こう側で、狛犬と何が違うのかとGoogle検索の呪縛にでも引き込むような疑問が次々と湧いてくる。どうでも良い話なのだろう。少なくともそれを知らずに生活するのは難しい事ではない。それは富士山の高さが何メートルなのかといった疑問とさして変わらない。一度登ったきりで、普段の生活では気にも留めない存在である。

そんな普段から気にも留めない阿吽について、日本語の分からないフランス人に説明を始めてしまったとなると、話は別である。「あぁ、止せば良かった」なんて思っても、真剣に聞いている相手にいい加減なことを言わないくらいの分別はある。元はといえば、コミュニケーション不足をどう解決するかという解決の難しい課題である。考え出せばキリがない。そこに阿吽を持ち出してしまったのは自分だが、阿吽など説明せずともコミュニケーション・ギャップの背景を伝える事はできる。余計なことを言ったものである。
「まぁ、自分でもよく分からないのだけれどね。」
と言って話を終えても良いが、結局は日本的コミュニケーションというステレオタイプな説明をせざるを得ない。もっと自国文化を知っておくべきだったなんてつまらない反省までしたりする。

もし阿吽の呼吸に興味があるのならここに調べた事を書いても良いが、もはや問題は阿吽の呼吸にはない。あの阿形吽形が何であれ、狛犬がなんであれ、日本を訪れて寺社を見ているうちに気がついたあの左右の一対の何者かが「あ・うん」であって、どうやら口で言わずとも了解しあえる状況でそれを形容するのにその「あ・うん」が出てくるらしいということが了解されたら、興味はなぜ「あ・うん」なのかである。いや、実は知らないわけである。口を開いているのが「あ」で口を閉じているのが「うん」であると言った程度であって、阿吽がどんな関係にあるかなど何もわかっていない。仕方ないから正直に説明をするしかない。
「いや、実は自分もわからないのだ」
結局行き着く先はここである。それでも少しでも何かをつけたそうとする。悪あがきというやつである。「あ」は始まりの意味であり「うん」は終わりを意味するから、宇宙を表しているのだと言った類である。
「何でこんな話をしちゃったんだろう。知らないんだから止せば良かった。」
と独り思う。
その時である。
「あぁ、そういうことか。分かった。アルファ・オメガだね。アジアもヨーロッパも同じなんだ。」
何が分かったのかがわからないが、相手は急に納得したのである。
阿吽は今後ΑΩと訳さねばならない。

一度は書いた記事のつもりでずっといたが、見当たらないので新たに書き直してみた。

もしΑΩに不案内であれば、この写真にある新しい教会の入り口の上を拡大してみていただきたい。写真をクリックすれば拡大する。

Bonne journée, Cross Cultural

WfH

今年の戦勝記念日は何もなかったらしい

 なんだか距離感のつかめないWeb会議の頻度が高まって、集中する事の意味が違ってきたような気がしている。ロックダウン前だって頻繁にWeb会議をやっていたのだから何も違いはないはずなのだが、Web会議がデフォルトになって、そもそも相手の顔を見なくなったような気がしている。要は、関係のない話だったらその間に別な仕事をしようかなと思ってしまうのである。生産性の低い会議などしていれば、そのウィンドウの裏に隠れている別な課題に取り組もうという気になってくる。

 追い討ちをかけたのは、映像がなくても良いと気づいたことだった。元はと言えば、リモートワーク(日本ではWfH – Working from Homeの言い方が定着してきたらしいがフランスは昔ながらの télétravail テレトラヴァイユが主流か)で集中した通信回線負荷を下げようという話であった。ビデオはそれなりに負荷が大きいからオーディオだけにしょうと映像を消したのだった。映像がなくても会議はしっかり進むし、会議で解決すべき課題にも結論が出る。逆に言えば、何も進まない会議なら別な事をしても良い。それが人の心理というものである。

 一方で、リモート飲み会なら映像が欲しい。音声だけでは臨場感に欠けるというものである。最近は、「Skypeでzoom飲みする?」というらしいから、動詞としてのzoomが映像付きのカジュアルコミュニケーションという意味を持ってきたのだろう。なんだか急激にZoomが市民権を得たようである。SkypeだろうがWebExだろうが、あるいはJitsiであってもさして違いはないのだが、Zoomは仕事のツールではないところまでユーザを広げられたのがよかったのか、それとも名前が良かったのか。

 少し前だったら「yahoo!でググってみたら」という言い方と同じなのだろう。その時点で検索という行為では勝負がついてしまったわけだが、果たしてZoomるのが定着するのかどうかは分からない。MicrosoftもGoogleもそう言えば自社にもサービスがあったと思い出したように宣伝し始めたし、この後で大きく勢力図が書き変わる可能性だってないわけではない。ただ、ちょっと面白いのは、Zoomを作った人は元WebExの技術開発トップの人だし、SkypeはMicrosoftの一部なわけで、案外内輪で盛り上がっているだけのように見えるという事だ。

 果たして時代はまたひとつ進むのか、それとも余計なツールがひとつ増えるだけなのか。
「この書類、Xeroxして郵送しなきゃ」と言っていた時代のXeroxも郵送も、最早クラシカルな商習慣の一部となった今、ZoomがTV会議であるうちは何も変わらないのかも知れない。

Bonne journée, Cross Cultural, Photo

Out of habit

Interestingly, one of the most difficult advices from the goverment was ‘not to give a handshake’.

慣れとは不思議なもので、つい何年か前までは握手など滅多にしなかったはずなのに、急にするなと言われて手のやり場に困っていたりする。もちろん、大騒ぎのウィルスの話である。やれ、たくさん集まるなとか、距離は1メートル空けろとか、政府から色々とガイドラインが出て右往左往しているわけだが、案外一番難しかったのは握手をするなというものだった。

朝の挨拶でまずは躓く。朝に知り合いに会えば握手程度は最低ラインの当たり前なのであって、肘をぶつけろとか靴をぶつけろとか言われても、急にできるものでもない。結果としてぎこちなくあげた右手は、まさにスタートレックのバルカン人である。「長寿と繁栄を」なんてファンでなければ意味不明でしかない。ちょうど昨年からマクドナルドが展開している広告がバルカン人風なので、案外理解者は多いのかもしれないが、ともかくもバルカン人の真似をするのが政府の専門家とやらの意図ではない。

初めて会っても時には頬にキスする国で、右手が空中を泳ぐのは明らかに避けられず、ぎこちなく腕組みしたり少しだけ頷いてみたりしているのである。慣れとは恐ろしい。

最近は一眼レフが重いというつまらないが重要な理由で小さなミラーレスを持ち出すことが多いが、これもまた「慣れ」という名の呪縛がかかっていると思い知る。写真を撮るのにファインダを覗くのが当たり前だと思ってきたが、このミラーレスには覗きたくてもファインダーがない。最初はファインダがないと頭でわかっていたとしても、ある日どこかで意味もなく液晶を鼻につけるという不思議な動作をおこなって、バツ悪く周囲を見回すことになる。

どうということはない。人の行動には慣性が働くのである。急には曲がれない。それでも人はなんとかしようとする。だから少々疲れるのだ。そういうものである。

Bonne journée, Cross Cultural, Photo

jeudi

 「その昔」と文章を始めるのも気がひけるが、もはや黴臭い歴史の一部分になりかけたセピア色のバブル期は、時間軸が思いがけず地滑りを起こし始めた転換期だったのだろう。経済の話ではない。今や誰もそんな事に興味はない。週末の定義である。
 かつて週末の夜と言えば、土曜のきらびやかな時間を指していた。サタデーナイトはディスコティークと同義語だったし、汚れたワイシャツを身に纏ったゾンビが原色の街を徘徊しても誰も驚かず、その意味も了解できたはずである。もはや映画や音楽という歴史資料から紐解かなければならない遠い時間の彼方とは言え、まだまだ年末には美空ひばりが現役なのだから、大正浪漫と同義にできるほどの過去というわけでもない。
 それがしばらくして地滑りを起こす。週末の夜が金曜日にとって変わられるのである。ふくれた地下鉄が核心へ乗り込む金曜日と週末の馬鹿騒ぎの間には直接の関係はない。むしろ皆が集まって騒いだ土曜の夜は、もっとプライベートな金曜の夜へとすり替えられてきた。すっかりバブルがはじけて10年の夜が過ぎれば、それは夜どころか金曜の午後に移り、早く家に帰る口実ですらある。

 死刑囚のパラドックスと呼ばれるものがある。もはや死刑囚などという政治的に正しいかどうか疑わしい言葉が使われる時点でパラドックスであるのだが、そんなメタな話ではなく、よくあるパラドックスの例として知られたものである。
 死刑執行を独房で待つ希望のない囚人の元に、ある日役人が訪れる。とうとうその時が来たかと震える死刑囚に役人はこう告げる。
「あなたの刑は来週の土曜日までに執行される。あなたは、予めその日を知らされる事はない。それは禁じられており、お伝えできるのは来週のいつかという事だけだ。だが安心しなさい。執行の前日には知らせるから、あなたはその晩に神に祈ることができる。」
 役人が帰ると死刑囚は喜んだ。これで刑が執行される事はない。もし木曜日になっても何も通知されなければ、執行が最後の土曜日だとわかってしまう。なぜなら前日の金曜日には必ず通知されなければならないからだ。つまり、土曜日に執行される事はない。そうなると金曜日が執行される可能性がある最後の日という事になる。だが、同様に水曜日までに何もなければ、土曜日には刑が執行されないのだから金曜日が執行の日だとわかってしまう。つまり、金曜日も執行できない。そうやって考えれば、どの日にも執行することができない。死刑囚は、法の不備を神に感謝した。
 翌週の半ば、ゆっくりと昼食を食べ終えた死刑囚の元に役人は再び現れた。
「明日、刑が執行される。今夜は神に祈りなさい。」
 予想だにしなかった木曜日、刑は執行された。

 週末に囚われた都会という名の石の独房で、今日も人は誰かと時を共有している。その「時」がカレンダーや時計にしがみつかなければならない現実時間であるのか、ただの妄想なのかは案外分からない。
 たった今住むこのフランスの街の一角では、週末の夜は木曜日に訪れる。死刑囚のパラドックスとは関係ない。親しい人と過ごす週末のためには、悪い仲間と羽目を外すのは土曜日でも金曜日でもなく木曜日でなければならない。ただそれだけのことである。
 親しい人と過ごす週末は、土日ではなく、金曜の夕暮れが夜に変わった時から始まっているのだ。

Cross Cultural, Photo

made of

Made of metal, wood, stone and a leaf.
This is the place urban dwellers lives.
Made with metal, wood, stone and you.
This is the place you belong to.
That’s why you can’t escape from yourself in the city.

都会人が住むその場所は、金属と木と石と1枚の葉でできている。
帰属しているその場所は、金属と木と石とひとりのあなたでできている。
だから街から逃げ出すなんて出来るはずもない。

Bonne journée, Cross Cultural

Immigrant

written only in Japanese

 まともなフランス語を話すこともできないどころか、年がら年中相手の言葉を聞き返す困った移民だが、すっかりその怪しげな移民として毎日生活していれば、その地の住民らしくはなってくる。知らない相手でも自然に挨拶もするし、街で何かを聞かれることもある。だからといって、不自然なフランス語を話す怪しい移民であることには変わりない。
 その怪しい移民が旅行者と違うのは、例外的な事態にあまり動じないことだろう。エレベーターで何階かと聞かれても、スーパーの会員カードを聞かれても、即座に答えられなかろうがいたって平静である。
 これがフランスに永住するつもりなら、エレベーターで階数を聞かれるのは単なる日常であって、例外でも何でもない。その点では怪しい移民は旅行者に近い。旅行者に近いにもかかわらず何事にも動じないからこそ怪しい移民なのである。そしてその怪しい移民だからこそ、発見しなくても良いものを発見することができるというものである。
 住んでいれば、市民としての義務もある。先日も人口動態調査(国勢調査)の対象となったという手紙を受け取ったのだが、なんだかよくわからない。ともかく急ぎ連絡してほしいと(当然)フランス語で書いてある。連絡するのはいいけど埒あかないと思うよと独りごちながら、とりあえずフランス人の友人にアドバイスを求めてみた。曰く、そんなもの英語でまくし立てれば相手も諦めるよ。ごもっともである。英語に困らない人はたくさんいるが、しち面倒臭い人口動態調査の詳細を怪しい移民相手に説明するのだ。きっと諦めるに違いない。
 ところがである。調査担当に電話をしてみれば、相手はなんとしてでも調査に協力してほしいらしく、一所懸命フランス語で説明してくるのであった。とうとう根負けしてフランス人に電話を代わってもらい、結局はフランス人でもたっぷり30分はかかる調査にフランス語で回答する事となった。まぁ、そんなものである。お役所はいい加減だと言われているフランスでもみんな立派に仕事をしているし、調査担当はお役所から仕事を請け負った会社から一人いくらで雇われている。怪しい移民相手でも一所懸命仕事をするのが仕事であって、怪しい移民も法で守られた市民としての義務を履行するのが責任ある態度というものである。

 責任ある態度といえば、バスや列車の改札がないのがヨーロッパである。パリの地下鉄など例外もあるが、無賃乗車をするか否かは本人の責任による。聞くところによると貧しいからバス代が払えないといった理由で無賃乗車するという例もないではないらしいが、高額な罰金もあって、改札がなくても皆しっかり払っているそうだ。そもそもバスの運転手の横に改札の機械があるわけでもないから、完全に自分の責任である。無賃乗車の輩がいてもそれは運転手の責任ではない。無賃乗車した本人の責任である。
 さて、そうなると満員で降車口からでも無理やり乗るような場合には改札の機械には到底たどり着けないことになる。Pardon!と大声をあげながらなんとかたどり着いた学生はおそらく相当真面目なのだが、なんとか道を開けた乗客も相当真面目といっていいだろう。半分はすっかり諦め、ドア近くになんとか自分の場所を見つけて改札など使おうとしない。出来ないものはできないのだから仕方ない、検札などできるわけがないとでも言いたそうである。怪しい移民も右に倣えで、動じる必要はない。検札でもあれば誰もが文句を言うに決まっている。
 そんな風にたかをくくっていると、ある日突然降車口のドアが開かなくなるのを経験することになる。降りたいとボタンを押してもドアは開かない。そして間も無く前から下りてくれと声がかかる。臨時の検札である。降車する人をひと通り下ろすと、ドカドカと検札の係員が乗り込んできた。吊革につかまる乗客がいる程度には混雑しているバスを前から順にひとりひとりチェックしていく。やれやれ。自分の番が来て、Bonjourと言いながらチケットを手渡し、係員はそれを機械にかざし、Merciという言葉とともに再びチケットが戻ってくる。係員は一通りの確認を終えると全員に向かって一言、Merciとだけ言って次のバス停で下りていった。少々バス停で止まったが大きな遅れではない。誰もが何事もなかったように本を読み、音楽を聴き、誰かと話している。特に揉めることもなく、ただの日常として全員がチェックを受け、何事もなく時間が過ぎていく。怪しい移民はこんな時は動じない。

 移民という言葉は今や適切ではない。移民には新たに国籍を取って外国から移り住んだ市民もいれば、仕事でしばらく滞在しているだけの臨時の市民もいる。元は難民だった人もいれば、その国に請われて移り住んだ人もいる。大学で学ぶ学生かもしれないし、1年程度の季節労働者かもしれない。明確な定義がないからどのように使っても良い。日本語だと移民と移住者は違うかもしれないが英語のImmigrantだとあまり区別はない。ただ、少なくとも日本語の「移民」には少しだけネガティブなニュアンスがつきまとう。だからここではあえて少し狭く移民という言葉を使うことにした。きっと読んだ人によって捉え方が違うだろうとわかっている。
 ただひとつ言えるのは、いつもフランスの誰かに助けられながら生活しているフランス語もろくに話せない移民は、時にはのけものになることはあっても立派に市民として敬意を持って扱われ、周囲にはスペイン語やらドイツ語やらを話す移民が同じようにいることに安心していたりするのである。世界は捨てたもんじゃない。

Bonne journée, Cross Cultural

CDG 2G

 ほとんど誰も参考にしないだろうが、シャルルドゴール空港の乗り継ぎについて書いておくことにした。相変わらず、blogに写真をアップするのはひと苦労だから、半分はテストを兼ねた投稿である。

 シャルルドゴール空港の第1ターミナルは円を地下道でつないだ宇宙ステーションのようなイメージで有名である。あるいは中央部のチェックインカウンターと入出国カウンターが一見ランダムにエスカレーターで繋がっているように見える構造が映画などで使われ、誰もがどこかしらで見たことがある知られた建築と言えるだろう。手荷物検査は飛行機に乗る直前にあって、時々遅延の原因となっている。色々と考えた結果としてそうデザインしたのだろうが、問題も多く、第2ターミナルは第1ターミナルに比べればずっと常識的な設計になっている。航空会社によってターミナルは違うので特に困る訳ではないが、この違いが時に一貫性を欠いたように見えるのがフランスである。何しろ、2機並んだエレベーターのボタンの配列が違う国である。異なる配列で作るほうがかえって面倒な気がするのだが、どうやらそこにポイントはない。
 シャルルドゴール空港第2ターミナルでのJALの到着は、正確に言えば通常は2Eだと思うが、ここから2Gに乗り継ごうとすると、またも一貫性の無さが顔を出す。誰も参考にする人などいないのかも知れないが、最近どうしたことかシャルルドゴール空港で小さな飛行機に乗り継ぐ知人が増えているくらいだから、それについて触れておけば役立つ事もあるかもしれない。
 もし乗り継ぎ便のチェックインが日本で済んでいるなら、2Eから2Gへの乗り継ぎはほとんどの人が向かう入国審査の先ではない。到着後に他の人と同じように歩いていると、出口(入国)とは別に2Gと書かれた案内が現われる。ほとんど誰も向かわないが、それは日本からの旅行者のほとんどがパリを目的地としているという事だけでなく、そもそも2Gが小さいという事もある。
 案内に従って歩いていると誰もいないので不安になるが、目的の場所が2Gであれば指示に従うだけである。すると程なく寂れた手荷物検査場が現れる。おやと思いつつボーディングパスを見せて聞いてみるとそこで良いとのこと。係員を含めて全員で10人ほどしかいない寂しい場所である。しかも、長時間フライトからようやく解放されたところだというのに間髪入れずに手荷物検査となれば、何かの間違いかとすら思う。人が少ないせいか、徹底的に検査され、ようやく抜けたと思うと数十歩でバス乗り場である。あぁ、これが無料連絡バスなのかなどと感慨に耽る必要はない。まだ入国すらしていないのだから、単なる空港内の通路みたいなものである。空港内だから、ふらふらと滑走路に出て行く奴がいないように、バスが到着するまでは扉も施錠されている。待合用のベンチもほとんどないが、バスに乗る奴もほとんどいない。バスは空港内をクネクネと走り、2Gまでは5分程度である。フランクフルトであまりに空港内バスが長く走るので、そのまま国境を越えるのではないかと不安になったのとは対照的ではないか。
 2Gにバスが到着し前のドアから降りるように促され、建物に入ると実にそこに入国カウンターがある。ようやく入国である。
 2Eに到着したのだから2Eで入国して、そこから国内向けの2Gに移動して手荷物検査というのが自然のような気がするが、何故か到着したばかりの2Eで手荷物検査をして近距離向け2Gで入国審査という不思議な手順である。まぁ、そんなものである。これを一貫性がないと見るか、行き当たりばったりのように見えてよく破綻しないと感心するかは、受け手次第だろう。

 この記事を真面目に参考にしている奇特な方に追加情報。2Eで入国することももちろんできる。パリを目的地とする方々と同じように2Eで入国審査を受け、ビルを出た近くにある無料の巡回バスに乗れば良い。2Gまでは10分程度である。2Gで手荷物検査を受ければ待合ロビーに入ることができる。
 どちらでもさして違いはない。ただ、天候が悪ければこちらの経路はあまりお勧めしない。2Gのバス停からビルまでは屋根がないのである。どうせ2Eで入国したところで遊びに行ける場所があるわけでもない。高いコーヒーでも飲んで待っているしかないのはどちらの経路も同じ。天候が悪ければ2Gで入国の方が良い。

 さらに、旅慣れてはいるが、blog記事などを参考にして移動している方にご忠告。3年もすればどこかしら変更されているのが普通である。昨日まであった通路がなくなっているのは特段驚く話でもない。先日も空港の駅の出入り口がひとつ閉鎖されてウロウロしたばかりだし、タクシーをバスレーンの真ん中に駐車したまま運転手が出かけてしまって、バスがしばらく運休になったと言うこともある。随分と前だが、シアトル空港のシャトルバスは、運転手が彼女と喧嘩しただかで運休になった。お陰で乗るはずだった飛行機を見送ったなど、今だから笑い話であって、当日はどうなるかと焦ったものである。航空会社の担当だって、バスの運転手の痴話喧嘩で乗り遅れだなんてチケット振替の理由にできないだろう。
 だから、空港に着いたら注意深く自分の目で確かめて移動していただきたい。この記事はもう古いかもしれないし、痴話喧嘩で手荷物検査がクローズする可能性だってなくもない。