Bonne journée, Cross Cultural

Galapagosizationized

201707-211

テクノロジー関連のウェブ記事を読んでいると時々意味不明な単語に出くわす。その記事に書かれた技術をそもそも知らないという事ではない。まぁ、よく知らないという場合もないではないが、わざわざ読もうというくらいだから普通はある程度の予備知識があって読んでいる。不明な単語というのは分からないというより直感できない単語という意味である。ある種、中学生の間でだけ流行っている妙な表現を初めて聞いたような違和感とでも言おうか、響きはわかるのに語源が想像つかないというのに似ていなくもない。あるいは、先日の朝日新聞の書評にもあったが、ハナモゲラ語でも良い。ただひとつ違うのは、立派に元の意味があるという事である。
そのような典型例が(個人的にではあるが)「ガラホ」である。この単語、実はどこにも元の言葉の原型がない。元の意味は想像通り「ガラパゴス化した携帯電話」と「スマートフォン」からきている。
まずは携帯電話がケータイとカタカナになり、次にガラパゴスと一緒になってガラパゴス・ケータイと呼ばれ、短縮されてガラケーという単語が完成する。この時点でケーくらいしか原型が残っていないと思うが、業界ではフィーチャー・フォンと呼んでいるから実は全く違う単語になっている。一方、スマートフォンはいつかスマホと呼ばれフォはいつしか完全にホに変容する。だからガラケー+スマホでガラホである。もはやどこにも原型はない。日本語おそるべし。
ところがである、今、「ガラホ」という単語はガラパゴスケータイのスマホという意味では使われていない。スマートフォンのOSや部品を使って作られたフィーチャー・フォンという意味である。つまりスマホの技術で作られたガラケーなのである。あぁ、ややこしい。言葉の原型はおろか意味合いすらもずれているではないか。

追記:
ややこしいといえば時に外来語も同じである。あえて色々例を挙げるまでもない。先日は、スケートの記事を読んでいて「フィギュア撮影」で引っかかった。ニュースでも案外スケートに関する記事は多くなく、スケートファンとして画期的な記事だと思ったのだが、実際は模型のフィギュアの話だった。並べて書いて欲しくないものである。模型のフィギュアはModel figure、フィギュアスケートはFigure skating。言葉はいつも難しい。

追記2:
タイトルのGalapagosizationizedという単語はもちろんない。Googleしても何も出てこない。ガラパゴス化という意味であれば、前後でその意味を説明しさえすればGalapagosizationという単語はなんとか通じそうである。だが今回の意味はガラパゴス化ではなく、もはやガラパゴス化されていた過去の生態系を別な島に移したことで一時的な新たな生態系が派生したくらいの意味である。言葉はいつでも新しい。

Photo, photo challenge

Weekly Photo Challenge: Bridge

Today it is hardly ever seen a bridge in use has arch shape. Contemporary technology makes it possible to build a flat one. Of course, as you know, it is usually arched slightly in most cases. That’s why I always feel lucky when I find the beautiful arch in a shape of bridge.

In response to the weekly photo challengeBridge by The Daily Post.

Bonne journée

le carré (2)

201707-111

頰にまとわりつく湿った風は時に北からの硬い冷気と入れ替わり、すっきりとしない翌朝には再び柔らかな湿気を運ぶ。デスクワークで凝り固まった両肩に、どこか湿った重さを与え続ける重いジャケットが要らなくなった朝にシジュウカラがもう一度何かを思い出した。
翌週には片付けなければならない今日と、今日をやり過ごすための明日と、延々と続いた昨日のあとの今日が同じ時間を共有していた。もう、半年もからっぽのSNSには、色褪せることのないエッフェル塔の写真がずっとあった。もう見飽きたその写真は、それでもずっとそこにあった。あと5分で着く駅よりも、通勤電車で向かう仕事場よりも、エッフェル塔はずっと確かにそこにあった。昨日の夜、ベッドに体を投げ出しながら見た時から何も変わっていなければ、エッフェル塔は確かにそこにあるはずだった。確かめる必要はないと誰かがずっと頭の中でつぶやいていた。
「もう少しお待ちください。幸せはただいま準備中です。」
街中の掲示板もまた、視点の定まらない死んだような目でどこでもない場所に独り言を呟いていた。脚急ぐ誰もがそれに気づかず、今と此処の区別の付かなくなった都心の巡礼者はそれを見ようとはしなかった。黒板に書かれた文字は、かすれ落ちた黄色のチョークの粉とまだ低い日の光のオレンジに少しだけ曖昧に見えた。誰もが気づかず誰もが見ようとしない白っぽい文字に眼を向けるのはひとりだけなのかもしれないと思った。
何のためなのか理由は分からない。ただスマートフォンの背を黒板に向けて写真を撮ろうとした。作りものの嘘だらけのシャッター音が鳴るよりも早く、SNSがメッセージを告げた。
「電車止まってる。遅刻しそう。」
今日の会議はひとりになりそうだと思い、いつもと同じだと思い返した。会議室の中が薄暗くなり、プロジェクターのファンの音が気になりだした頃、顔は曖昧になった。
黒板にもう一度カメラを向け、朝の数秒がスマートフォンに吸い込まれる。初めて気づいた黒板のメッセージも、ルーティンワークのように繰り返す写真の行為の中でいつか過去となる。取り出すことも消し去る事も簡単なメッセージを写し取っただけの写真は、やがて見つけることすら難しいビットの羅列となってどこかに溜まった埃のように見ないものとなる。それが、世間が分かったかのように振る舞いたがる誰かが声を張り上げて言うテクノロジーなのだ。
黒板の写真を確かめ、スマートフォンをバッグの奥にしまい込んだ。
「いかれた本屋に用事?午後にならないと開かないよ。」
顔を上げると、黒板の向こうで一段高くなったウッドテラスから魚のような顔をした誰かが見ていた。色黒で細長い顔の下にはあまり手入れをしていそうにない髭がぼんやりとついていた。魚は丸テーブルのコーヒーをひと口飲んでからクロワッサンにかじりつき、再びコーヒーをゆっくりと飲んだ。
「午後にならないと開かないんだよ。午前中は公園で本読んでるから。何探してるか知らないけど、昼過ぎにおいで。」
そう言われて黒板の文字が本屋の奥まった入り口への案内なのだと気づいた。そこに本屋があることはずっと分かっていたはずだったが、もう何年も記憶のどこかが欠けてしまったように意識すらしていなかった。もしかすると見ることまでも忘れていたのかもしれなかった。背の低い焦げ茶色の木塀と小さな椅子がほんの少し奥の緑色のドアへの道を知らせていた。錆びついた釘のように頑なに死んだドアが、石を埋め込んだコンクリートの道の向こう側で壁となり、穿たれた丸い磨りガラスの窓だけがわずかにドアの向こう側があることを知らせた。


le carré(ルカレ)の2回目。Cafe Everestを含む連作を意図しているのだが、いささか怪しいところが見え隠れしてしまっている。このため次回分は書き換え中。果たして意図するものができるのか、不安である。

Photo, photo challenge

Weekly Photo Challenge: Delta

201707-101

In most cases we are not aware of changes of nature especially in plants. Flowers always start to bloom suddenly and fruits become sweet in a morning without notice. However bamboo shoot is different from common plants. Delta of changing height in mathematical meaning is quite large.

This week I have no chance to visit any river delta and I couldn’t find any good photos. I hope you enjoy alternative view point.

In response to the weekly photo challengeDelta by The Daily Post.

201707-102