Bonne journée, Cross Cultural, Photo

Penguin?

201706-221

written only in Japanese

先日、Suica(JR東日本のICカード)を久しぶりにパスケースから取り出して、緑色のプラスチックのその隅に黒でペンギンが描かれていることを思い出した。きっと有名なデザイナーの手によるものに違いないが、実際のところ特にどうと言う訳でもない絵本にでもありそうなペンギンが、シルエットのようにカードの右下にプリントされているのである。最初の頃はSuicaを宣伝するためにもやたらとペンギンが登場していたように記憶しているが、最近はあまり意識することもなかったから、久しぶりに見つけたペンギンは、案外不思議な新鮮さを感じるものであった。
※後から調べたらペンギンはデザイナーによるものではなく、絵本のキャラクターだそうである。

これほど普及しているにもかかわらず何故いまもってペンギンが描かれているのか分からないが、Suicaであることをしめすスイカのような模様と合わせて分かりやすさを提供していることは間違いない。ただ、だからと言ってカードに描かれたペンギンがうれしいとか楽しいとかいった事はない。これは多分に個人的な好みによるものであって、もちろんこのペンギンが好きな人が多数いて普及に貢献したことは事実である。このペンギンはなかなか愛らしいとも思わないでもない。丸顔はキャラクターデザインの鉄則でもある。それにもかかわらず、個人的にはSuicaにはできればペンギンを描いて欲しくない。もう少し普通の無機質なカードにしてほしいのである。もちろん、普段見ることがないのだから困る訳でもない。単に事務的に扱いたいモノに特に好みでもないキャラクターが描かれていることに違和感があるだけである。セブンイレブンのキリンも診察券の不明な動物も、同じようにどうしても好きになれない。

そうやって気になりだすと、ありとあらゆる場所に妙なキャラクターがデザインされていることに気付く。それは企業やサービスのロゴデザインのようなものでもあれば、パンフレットの隅に書かれたキャッチコピーの話者であったりもする。自動販売機で単純化された線画が挨拶をしていることもあれば、バーコードの上を歩いていたりもする。国民性などと十把一絡げにまとめてみても良いが、それは些か乱暴というものだろう。

とりあえず困る訳でもない。気にすることもない。だったらどうでもいいだろうと思わないでもない。少しだけペンギンが減ってもいいかなと思うだけである。カードはもう少し無機質にしてほしいというだけである。

シンプルな方が良いことだってある。

 

Bonne journée, Cross Cultural

padlock

201611-211written only in Japanese

川崎の比較的新しい裏通りにその猫はいる。正確に言えば、猫の像がひっそりと置かれている。耳や背中は磨耗して金色に輝き、背景にはあまり手入れがされているとは言えない雑然とした植込み。丁寧に説明書きが添えられているが、立ち止まってそれを読む人はいそうにない。その猫がなんであるかに興味があるわけではない。その金色に磨かれた両耳だけが気になったのだ。
ヴェローナのジュリエット像であろうが、どこぞのなんとか地蔵であろうが、人は何かを信じてその無機質な塊に触れてきた。宗教的意味がある場合もあれば、永遠の愛を誓って繋ぐ南京錠のようなある種の願掛けみたいな場合もあるだろう。人が何かに触れて願う時に必ずしも奇跡はいらない。
川崎の猫にどんないわれがあるのか知らないが、見ている目の前でそれに触れて行く人がいるとなると、何か不思議な感覚におそわれる。耳が金色になった猫は、またも誰かの手で磨かれたのだ。恐らくは何かを求めてその耳に触れたに違いない。いや、そんな大袈裟なものでもなく、なんとなくラッキーな気分を得たいだけだったのかもしれない。ただ、自分には咀嚼しきれない何かが目前に現れた時、トゲでも飲み込んでしまった後のように妙な違和感が残されたのだった。
201611-212

地球の裏側ではまだ万聖節だというのにハロウィンの夜を過ぎればクリスマスの飾りが現れる街は、こころなしか忙しい。そこに宗教的な世界観などもはやないのかもしれないが、もう少し静かな日を楽しみたい。

Bonne journée, Cross Cultural

暑い5月の終わりの午後

201506-211written only in Japanese

痛いほどにまっすぐに照らす陽射しがようやく傾きかけた頃、ガルコスタの華やかなラテンのリズムを楽しみながら、もはや裏通りとは言えないほどに誰もが使う狭い市道を下っていた。いつもかけっぱなしのFMはいつものように音楽を流し続け、いつも見慣れた通り過ぎて行く公園には木陰にすら人影が見当たらなかった。暑い5月の終わりの午後だった。

公園の隅にとってつけたようにある出入り口の先には、反対側にしかない歩道に渡るための横断歩道が白く描かれている。狭い市道には、道の両側に歩道をつける程の道幅はなかったからだろう、ちょうどその公園を境に、片側にしかない歩道は道の反対側に移る。緩やかに曲がるその市道の横断歩道に差し掛かった時、公園の反対側で車を通り過ぎるのを待つ人があった。途切れることなく車が走る道ではない。かといって交通量は少なくない。ちらとルームミラーを見てブレーキを踏み、停止しながら対向車に目をやる。すれ違う車は止まらなかったが、その後の車までの車間はそこそこある。そのちょっと間を空けて続いた対向車も、結局速度を落とすことなく通り過ぎた。そしてその次の車も同じだった。時々横断するにはためらう程度の間が空くことはあっても途切れることなく10台以上の車が走り抜けていった。途中、横断歩道の横で待つ見知らぬ誰かは無表情にこちらを向き、そしてまた通り過ぎる対向車を見ていた。そうする以外にやることなどない。待つというのはそういうことだ。

201506-212そうやって全ての対向車が通り過ぎた後で、その人は小さく会釈をして公園の方に見えなくなり、残ったのはどこにでもある狭い市道で止まっている自分だけとなった。FMからは変わらずラテン音楽が流れつづけていた。

世界中に無謀な運転をする輩はいて、車とは不思議な道具であると時々思う。夜遅いフランスの田舎道の赤信号で止まったら、速度を落とすことなく後続車が追い抜いていったことがあった。確かに他に車などなかったし、信号で生真面目に止まって待つような場所でもなかったが、だからといって夜の見えにくい影の向こうに誰かがいないとも限らない。「クレイジーなやつだな」と誰もが思う瞬間だった。「変なやつはどこでもいる」と。そのフランスで、横断歩道で歩行者が待っているのに誰もが止まらないといった経験はない。もちろん、何台かは通り過ぎることもある。気づかないこともあるだろう。だが、通りの少ない道でも止まって待つ。それどころか、歩行者が車にどうぞと道を譲る。列に並ぼうとしないフランス人がである。長年住んでいるひとは違うと言うかもしれないが、少なくとも自分経験上はそうなのだ。

文化の違いといえばそれまでだが、どこが違うのかと言われれば俄かには答えが出てこない。どうした事か分からないが、バツが悪いような変な気分になりながら、アクセルを再び踏んだ。