Bonne journée, Cross Cultural

vivre à l’hôtel

Yokohama

有名作家がホテル暮らしをしていたのはひと昔前どころか遥か昔の話だが、そのホテル暮らしが可能なのはそれが「一流」ホテル暮らしだからであって、一般庶民が実際にホテルで生活するとなるとそう楽ではない。生活するとなれば、食事の心配と同じレベルでゴミの心配をし、限られた空間で何を妥協するのかを考えなければならない。増してそれが異国の地であってその地のルールを知らないとなればなおさらである。

新しいフラットを見つけるまでの間とは言え、ホテルでしばらく過ごすうちにそうした葛藤のような中で自然と考えることも多くなる。何を食べようかと思うだけなら美味しそうなメニューが頭の中をグルグルと巡るが、小さなキッチンでりんごの皮をむけば、そろそろゴミもいっぱいになってきたし生ゴミもあるからフロントで新しいゴミ袋を多めにもらってきておこうなどと考えるものである。そこで「あぁ、またフランス語の発音が悪くて通じないかな」などとは心配しない。いや、心配しなくもないが、ちゃんと伝わるものである。どちらかといえば、分別ゴミの心配をしたりする。紙とかプラスチックとかちゃんと分けてはいるものの、これで捨てて良いのだろうかといった心配である。

昨年まで住んでいた横浜は、世界的に見てもゴミの分別が細かい自治体だそうである。もうすっかり癖がついて、ティッシュの箱が空になれば潰すついでに取り出し口のビニールをとるし、プラスチックとPETはしっかり分けて出す。当たり前といえばそれまでだが、フランスの多くの自治体では通常そこまで区別しない。リサイクルとそれ以外があるだけである。そう書くとリサイクルが進んでいないように聞こえるかも知れないが、ある程度リサイクル対象とそれ以外を分けて回収した後で、回収後に再度仕分けをするというやり方をとっている。もちろん、細かく分けて回収している場合もあるが、回収後の処理でしっかり分ける作戦だそうである。

聞いた話なのでどこまで正しいかわからない。ホテルの一室でリンゴを食べながらふと疑問に思っただけである。日本のリサイクル率はかなり低いというので、Webで数字も調べてみたが計算方法によって変わるのでここには記載しない。疑問に思ったから、フランス人に聞いてみたという単純な話でしかない。そのフランス人が正しいことを言っているかどうかもわからない。

ただひとつ言えるのは、なれないホテル暮らしで疑問が湧き、それを地元フランス人に聞けば環境保護に関する大論争が巻き起こるということである。やがてそれは日本の法制度への質問となり、ゴーン氏の扱いは正しいか否かという激しい議論へと繋がるのだった。(いや、リンゴの皮は生ゴミである事に間違いないのだが)

Advertisements
Bonne journée, Cross Cultural, Photo

See you soon

7 years have been passed after my having set sail for somewhere on the blog sphere. It seems to be a right time to anchor in a new port and start exploring the new town.
ブログの海に漕ぎ出して気づけば7年が経過した。新しい港に船を休めて新しい街を探検する潮時というものだ。

Soon I’m going to disconnect my line for the adventure and I will be back within a couple of weeks. Perhaps you my find me here shortly but it might be just a temporal case for picking up my baggage left behind.
まもなく線を切って探検に出かけ、数週間もしたら帰ってくるだろう。もしかするとすぐに私を見かけるかもしれないが、それは単に忘れた荷物をちょっと取りに帰っただけかもしれない。

See you soon.
À bientôt.
また近いうちに!

住み慣れた横浜をしばらく離れます。新居が落ち着くまで、ブログはスローダウンすることになりそうです。このポストも予約投稿です。

Bonne journée, Photo

The anniversary of opening the Yokohama Port

201806-111

6月2日は横浜開港記念日。各所でイベントがあった。恒例の花火や市民によるコーラスには出かけなかったが、何故か護衛艦が寄港する大さん橋付近を散歩し、海風を楽しんだ。ハイカラな港町には初夏が似合う。

201806-112

Bonne journée, Photo

Garden City

201804-111

ガーデンシティという言い方がある。ハワードが提唱した計画都市の概念を指す言葉であり、田園調布はまさにそんな街なのだが、それとは別に、公園のような緑の街を(日本語では)広くそう呼んでいる。カナダのビクトリアはその代表例でありカナダ旅行のパンフレットを見れば必ず写真が載っている。海を挟んで反対側のバンクーバーもまた公園のような街であり、花にあふれた都会の風景をゆっくりと歩けば、いつのまにか海と緑の公園に入り込む。特にスタンレーパークは旅行者にとっても人気の場所となっている。
横浜はそのバンクーバーの姉妹都市である。昔からの観光地でもある山下公園や港の見える丘公園はもちろん、関内周辺もヨーロッパのような石の街並みと大きな木が続き、晴れた日の散歩はことのほか気持ちが良い。このあたりのエリアは4月が特にお気に入りである。桜並木は桜木町に任せ、どちらかといえば新緑とチューリップを楽しむのが良い。プロ野球の開幕シーズンという事もあって、試合のある日はブルーに染まるが、普段は近所の人の犬の散歩コースだったりする。

今、横浜では昨年に続き「ガーデンネックレス」というイベント中である。これまでのチューリップ祭りと何が違うのかという疑問はさておき、いつも以上に花にあふれた横浜公園と日本大通りが、どこまでも横浜らしい風景を演出している。さらに、Greater Yokohamaとでも呼べそうな郊外にあるズーラシアの隣にも、里山ガーデンなる会場に巨大な花壇が用意されている。晴れた日にゆっくりと散歩する場所には事欠かない。これからバラの季節まで、どこに行くかではなく、どうやって時間を作るかが悩みどころである。

201804-116